スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Daddy, Your Device Shrunk the Sister

Tales from the Minus Lab/USC Student Design Team

部屋に隠された未知の世界を探索しつつ、自由自在に大きくなったり小さくなったりする力を利用せよ。
Tales from the Minus Labは絶え間なく大きさが変わるFPSアドベンチャーだ。

メインストーリーをクリアしたら、フルサイズレンジモードを試してみよう!
'4'キーを押すと、全てのサイズが解除されてサンドボックスモードがスタートする。ここでの目的はこの世界に散らばる数々の隠された鍵を見つけ出すことだ。君は全部見つけられるかい!


あらすじ

君は発明家アイザックの娘・アビゲイル=スウィフトとしてプレイする。君の兄であるベンジャミンは最近父親の古い研究室を相続し、父の不思議な縮小デバイスを偶然見つけた。いまや彼は研究室のどこかで行方不明になった―彼を追って小さくなるのは…君に任されている。

Tales from the Minus Labはプレイヤーが人間サイズからアリの大きさまで自由に縮小化/巨大化ができるオープンワールドアクションアドベンチャーだ。すべてのゲームはたったひとつの部屋―アイザックの研究室で行われるが、小さくなったプレイヤーたちは研究室の至るところに隠された幻想的な世界を発見する。

ゲームのひとつひとつの場面は探索と環境物理学の(=自然の法則に従った)パズルで構成されているが、どちらもプレイヤーの大きさごとの能力に深く依存している。大きいサイズでは、プレイヤーは周囲にあるものを持ち上げたり操作したりできる一方で、小さいサイズではそれらの中に飛び込んだり探検したりできる。たとえば、あるパズルでは小さいサイズでの新しい道を切り開くために、十分な大きさまで拡大して全体のレベルを回転させなくてはならない。別のパズルではプレイヤーの体重(サイズに従って変動する)が組み込まれているし、大きさごとの環境から受ける危険や、表面張力(とても小さくなると液体の上を歩けるようになる)などの要素も含まれている。

(以上、公式HPより http://www.theminuslab.com/

※sandbox: オープンワールドゲームの中でも、決まった目的が存在せずプレイヤーが自由に行動できる物 (wikipediaより)



以前たっぴさんがご自身のブログで取り上げていた"Tales from the Minus Lab"。
遅ればせながら私もダウンロードしプレイしてみた。
ゲーム内容についてはたっぴさんが秀逸な記事を書いているので敢えて私が述べることは無いのだが、今回はその外堀を中心に少し書いてみようと思う。
たっぴさんの記事はこちら。操作方法からストーリーまで丁寧に書いてあるので非常に分かりやすい。

ゲーム自体は公式HPからダウンロードできる。ファイルサイズはやや大きいものの、指示に従って操作すれば問題なく起動できるはずだ。
製作チームは南カリフォルニア大学の学生達(2012年時点)のようで、結構大規模なプロジェクトだったようだ。チームの何人かは自分のサイトを持っているようで、この人などはかなりゾクゾクするコメントを残している。
http://www.jasonmathias.net/2014/05/29/tales-from-the-minus-lab-ui-lead/


少し紛らわしいのだが、開発者達はこのゲームを元にした同名のアプリを開発している。どうやらこちらはHasbro My3DやFOV2GOで立体視を楽しむためだけのアプリのようなのだが、残念ながら私はあまりこういう分野には明るくないので詳細は分からない。オキュラスと呼ばれるマシンを使用すると良い、とのことだが…?
https://itunes.apple.com/jp/app/fov2go-tales-from-minus-lab/id503346367?mt=8
ちなみに実際に装着してプレイしている映像がyoutubeにあったけど…やっぱり見てもよく分からないや。
https://www.youtube.com/watch?v=PYVvJijetA0


さて、このゲームのシナリオだが、大体は上に記した通りの内容の通りである。ゲーム中には一部の例外を除いて一切の会話ウィンドウが表示されず、特定の場面でアビーが独り言を漏らす形でストーリーが語られる。また、ゲーム中には乾電池がセットされた小さなマシンがあり、近くを通ることでそれまでの状況が保存されるとともに、いくつかのチェックポイントでは兄・ベンの遺したメッセージが再生される。なぜこんな事態になったのか、なぜ縮小マシンが暴走したのか、後悔とともにその時の状況が語られることで、ゲームの真相が明らかになるというシステムだ。…多分。
というのも、ゲーム中のセリフは全て英語で語られるので、私のリスニング能力の低さから細かい部分についてはあまり聞き取れなかったのだ。あまつさえ、後半になるとこのメッセージがヒントになっていると思われる節があり、いろいろとツライ。

残念なことに、このゲームはあまりユーザーフレンドリーではないというか、いろいろと作りこみが甘い部分がある。
例えばゲーム中では操作方法の説明が一切無かったり、製作者が予想していないと思われる行動を取るとすぐに進行不能に陥る。そのくせ、セーブ機能などは一切無いため致命的なミスを犯した場合は最初からやり直す羽目になる。
基本的にこのゲームは、通常モードにおいては正規ルートが決まっており、間違ったルートを進もうとすると高所からの落下などにより主人公が死んで前のチェックポイントに戻される仕組みになっている…はずだったのだろうが、どういうわけか落ちても死ねないポイントがあったり、その段階では行けないはずの場所に行けてしまったりする。その状態で別のチェックポイントを通過してしまうと、正規ルートに戻ることもできず、詰む。
製作者たちもこのあたりのことは承知していたようで、後になってREADMEがとある掲示板にアップされていた(READMEを加えて再度アップロードするのが面倒だったって書いてあるけど…それってどうなんだろ)。それによると、1~9までのショートカットキーでワープ出来る機能はバグによるリトライのために敢えて残しておいたということだ。
実際、ショートカットキーによるリスタートはワープするのみの機能であり、状況は保存されているので進行度に応じたキーを覚えておけば快適にプレイできるはずだ。…それでも状況によってはやっぱりやり直さないといけなくなるのだけど。
件の掲示板はこちら。スレッド2番目のREADMEと書いてある部分をクリックすればダウンロードできる。
http://techreport.com/forums/viewtopic.php?f=12&t=79210

本編の攻略については、おそらく公式のものと思われる動画がyoutubeにアップされており、それを参考にプレイすれば(たとえ英語が分からなくても)ゲームを進めることは出来るはずだ…途中までは。
この攻略動画はなぜか中途半端なところで終わってしまっていて、動画の後半部は冒頭に述べた『サンドボックスモード』についてのものになってしまっている。そしてyoutubeにはいろんな国のいろんな人達がこのゲームの実況動画を上げているが、その誰一人として完全クリアした人がいないようだ(大抵の人は非正規ルートに入ってしまって詰んでいるか、大木近くの穴に落ちた後に抜け出せないことに気付いて諦めている)。
実は私もそんなプレイヤーの一人で、結局のところエンディングまで到達していない。というか、ざっと調べた限りにおいてはネット上に碌な攻略情報が落ちていないぞ…
とはいえ、ゲームの雰囲気を味わうには最適な動画なので、プレイしたことが無い人は一度見てみることをオススメする。
https://www.youtube.com/watch?v=ZtvbIYyRx74
鍵集めについては、たっぴさんの記事のほか、このサイトも参考になるだろう。未だに全部集めた人を知らないけど。
http://gaming.stackexchange.com/questions/92738/where-are-the-31-secret-keys/93636#93636

このように、玉に瑕がある…というよりひび割れる寸前の宝石のようなゲームなのだが、その欠点を補って余りあるほどの魅力も持ち合わせている。どれほどゲーム進行に難があろうとも、バグ取りが甘くてストレスが溜まる設計だとしても、見慣れたはずの研究室で小さくなって探索する感覚は何物にも変えがたい経験だと思う。
特にサイズレンジを自由に調整するサンドボックスモードは本当に面白く、あれこれサイズを変えながらただ研究室をうろうろしているだけでもわくわくする。
是非ダウンロードして'4'キーを押し、小さくて大きな研究室を全身で楽しんで欲しい。


個人的には、自分から顕微鏡のスライドグラスに登ったり、テントウムシほどの大きさでチーズの穴の中を探索したりする場面が大好き。身体が縮むに連れて遠くの景色がどんどんぼやけていくのだけど、アリの大きさ(最小サイズ)、まで小さくなるともはや現実感が無く、別の世界に迷い込んだような感覚すらおぼえてしまう。

あと、私が面白いと感じたのはコンソールの近くに整列しているマトリョーシカ。最初から展開されており、一番大きい人形から小さい人形まで並んでいるのだが、それぞれの人形の大きさがアビーが縮小するウサギ~テントウムシまでの大きさにほぼ対応している(なぜか最後の2つはうまく重なっていないし、よく見ると僅かにテーブルから浮いてるけど)。
FPSである以上、プレイヤーが操作キャラの姿を見ることはできないのだが、マトリョーシカはそんなプレイヤーの代わりに自分の大きさを投影してくれる。自由な大きさで、それぞれの人形を自分が変身するのと同じ大きさの動物だと思って見るといろんなことが分かるはずだ。
人間から見るとウサギとリスはどれくらい大きさに差があるのか。テントウムシにはハチドリがどう映っているのか。カエルから見たカマキリはどの程度の大きさか。ウサギはアリから見るとどれほどまでに巨大な―とてつもない存在なのか。
TMLmat.jpg
カマキリサイズのアビーから見たカエルサイズのマトリョーシカ。身長で4倍、体積で64倍の大きさ。


サンドボックスモードがオススメと書いたが、ゲーム開始直後から'4'キーを押すとさまざまな不具合があるようだ。研究室が暗いままだったり、サイズ表示が無かったり、死ぬことができなかったり。
ということで、以降はサンドボックスモードをはじめても問題ない部分までの攻略記事を掲載する。
序盤のみとはいえ強度のネタバレを含むので、未プレイの人は見ないほうが良い。
あと、もし翻訳に間違いを見つけた場合は指摘してくださるととても有難いです。あまり自信がないので。

続きを読む»

スポンサーサイト

リアリティの尺度②

「猫だけが知っている」・ソードワールドRPGシナリオ集⑥

「猫だけが知っている」/山本弘

 クラモンの依頼からしばらく経ったある夜のこと。ベルダインの街を歩いていた冒険者一行がチャ=ザ神殿近くの通りを横切ったとき、突然酔っ払いが悲鳴を上げて飛び出してきた。「怪物が出た…ばかでかい真っ黒な猫の化物だ!」驚いた冒険者が神殿の裏門を見ると、そこには裸の女性が倒れていた。背中には爪でえぐられたような傷跡、降り積もる雪の上には一つの足跡しかない。不可解な状況に首を傾げながらもチャ=ザ神殿で彼女を介抱した一行は、彼女―クラモンの手伝いをしているジェシカという娘らしい―の言葉から、ジェシカの兄・ライルを訪ねることとなる。
 ライルという青年―クラモンの弟子の魔術師であるようだ―を訪ねてジェシカの大怪我を知らせると、彼は青ざめた顔で神殿に駆けつける。ライルはジェシカとしばし話し合った後、ジェシカの姉でライルのもう一人の妹・セリアの様子を見てきて欲しいと冒険者に依頼する。最近の彼女は様子がおかしく、『黒い大きな猫のような怪物』に怯えているとのことだ…冒険者一行がセリアの泊まっている『牢獄亭』に向かい、店の主人に鍵を借りて部屋に入ると、そこに探しているセリアがいた―全裸のままシーツで首を吊った死体として、だが。牢獄亭の名前の通り窓には鉄格子が嵌められており、出入口は一つしかない。テーブルにあったセリアの遺書から、衛視のフォークは自殺を疑うが…?
 冒険者が聞き込みを続けるにつれ、新たな謎が次々と浮かんでくる。食い違う町の人の証言。セリアの死体に残っていた手足の痣。現場に残されていた籐のバスケットと糸。事件のあったときに牢獄亭の窓の下から逃げていった黒い猫と、そこで見つけたごく小さな血痕…はたして黒猫の怪物とは何なのか?セリアは本当に自殺だったのか?
 そして冒険者が兄妹の雇い主であるクラモン老人に聞き込みを行ったとき、ある違和感を感じる。まるでクラモンが必要以上にジェシカに肩入れしているような。さらに暫く経った後、今度は執事のベイカーが冒険者達を訪ねてきた。なんでも、ピクシー・メイカーとその解毒剤が2つずつ倉庫から無くなっているとのことだが…
 
 前エントリに続くシナリオで、このシナリオをプレイするためには冒険者達が「とっても小さな大仕事」を終えている必要がある。プレイヤーは冒険者として事件を目撃し、ゲームマスターが断片的に与えるヒントから事件の真相を暴くことが目的となる。いわばホラー・サスペンス仕立ての推理シナリオであり、基本的に戦闘は発生しない。ただしその性質上、「センス・イービル」や「センス・ライ」を使える者はこのシナリオに参加できない。あと、ホントはジェシカ襲撃とセリアの死以外にもいくつかイベントが発生するんだけど、今回はカット。
 セリアの死亡状況はどう見ても密室殺人だが、それはあくまでも現実世界の話。数々の魔法とピクシー・メイカーという薬が存在するソードワールド世界のリアリティを基準に考えると、事件の全貌が見えてくるはずだ。上のあらすじだけだと必要な証拠が完全に提示されていないけど…

 以降は事件のネタばらし。その性質上改変の難しいシナリオなので、プレイに興味を持った人は読まないほうがいい。

続きを読む»

リアリティの尺度①

「猫だけが知っている」・ソードワールドRPGシナリオ集⑥

「とっても小さな大仕事」/山本弘

『ボー・クラモンは引退した老魔術師です。ベルダインの王城の近くの高級住宅街に、召し使いと二人きりで住んでいます。
 ある夜、台所でつまみ食いをしようとしていたクラモンは、亡き妻の思い出の結婚指輪を、誤って下水管に落としてしまいました。下水管は狭く、生身の人間が入り込むことは不可能です。下水管を掘り起こそうにも、市の許可が下りません。
 そこでクラモンは冒険者を雇うことにしました。魔法の薬で彼らを5分の1サイズに変身させ、下水管を潜らせようというのです。
 この任務は報酬はいいものの、ひどく臭い上に、見かけによらず危険に満ちています。普段はよく見かけるゴキブリやネズミも、5分の1サイズになった冒険者たちにとっては手ごわいモンスターだからです!
 このシナリオは、1~2レベルの冒険者、4~6人用にデザインされています。』(以上、冒険への導入より抜粋)

 なにこれ?と思った方も多いかもしれない。これは、T(テーブルトーク)RPGのシナリオ集からの抜粋で、日本ではもっとも有名なTRPGのひとつ、ソードワールドのシナリオである―そう、あくまでシナリオであって物語ではない。ゲームマスターの設定したシナリオを基に、プレイヤーが演じる(ロールプレイ)ことにより物語が生まれる、いわば物語の種とでもいうべきものだ。無論、シナリオや登場人物および細部の設定はゲームマスターの裁量しだいで変更が可能なように作られている。本シナリオの作者は、有名な山本弘氏だ。
 ソードワールドの世界には、身体を小さくするアイテムが大まかに2つ登場する。ひとつは「リビング・ドール」という毒薬で、シナリオ集⑤「闇からの脅威」などで登場するアイテムだ。効果は「女性に注入すると体長を30cm程度に縮めて仮死状態にするが、男性に使うと身体が膨張し怪物になり数時間で死に至る」というもの。一見swの要素があるようだが、実際は仮死状態の時間が長く、文字通り人形化の手法として用いられることが多い。さらに言えばこのアイテムは男性の怪物化の役割を担うことが多く、縮小目的の利用は副次的だ(※なお男女の効果が逆の「アンチ・リビング・ドール」というものもあるが、今回は言及しない)。「闇からの脅威」では、ゲストキャラクターが縮小化したものの、最後まで覚醒することは無かった。
 もうひとつが、クラモン老人により作られた「ピクシー・メイカー」。今回の話に登場する薬である。効果は「(抵抗に失敗した)対象の身長を1/5に縮める。小さくなるのは肉体だけで、服や装備は変化しないため、変身の途中で服は脱げ落ちる。服用により使用」。今回のような冒険にはうってつけの薬だ。対象の性別を問わず永続的に効果が持続するため、冒険者や対象が小さくなる目的で使われることが多い。
 このような型のストーリーは実際のプレイ記録―いわゆるリプレイと呼ばれるものがサイズ変更の要素を多分に含むので、サイズフェチの要素が生まれてくるという仕組みになっている。なによりプレイヤーはゲームマスターの指示の元、強制的にサイズロールを強いられるというシミュレーションを行うこととなるのだ。
 さて、以降でシナリオの展開を見ていこうと思ったのだが…なにぶんTRPGのシナリオそのものなので、他のエントリよりもネタバレの度合いが強い。仮にこのシナリオに興味を持ってロールプレイしてみたいと思うのであれば、あなたがゲームマスターで無い限り読まないのが賢明だろう。
 …個人的な好みでは、多少改変が加えられたシナリオのほうが好みなのだけれど。
 

続きを読む»

ニーナと小鳥

ブレス オブ ファイア Ⅳ~うつろわざるもの~/カプコン

第2章 うつろわざるもの・第4部 王家の剣
BOFtitle.jpg

東側の国・ウィンディアの王女エリーナが現在休戦中である西の敵国・フォウ帝国の付近で消息をくらました。微妙な政治バランスのため大規模な捜索が行われないことに痺れを切らした有翼人である妹姫ニーナは、エリーナの幼馴染であるフーレン族の若き族長クレイとともに姉を探して西を目指す。しかし、途中で不思議な少年リュウと関わったことで、次第に大きな運命の流れに翻弄されてゆく…

―リュウの一行は情報を収集しつつ旅を続ける中、不思議な「動く鎧」マスターを仲間に加え、ついにエリーナの居場所についての手がかりをつかむ。そこは西の軍事施設。期待を胸に潜入した一行は、しかし帝国の宰相らしき男に見つかってしまい、東側連合国に強制送還されてしまう。
一通り騒ぎが収まった後、一行は東側連合の盟主国ルディアにて問責を受けていた。特に、リーダー格でありフーレン族の族長でもあるクレイは責任が大きいとされ、リュウたちとは別の部屋に軟禁され尋問を受けることに。なんとかクレイを助け出したいニーナは、同族の知恵を借りるためフーレンの里を訪ねることを思いつく。善は急げと、リュウたちはあまりやる気の無い監視役のサイアスを連れ、ルディアを発つ。

途中、一行はあやかしが出るという噂のパーウッズの森を抜けることになる。森の半ばまできたとき、ニーナは誰もいないはずの森から甲高い笑い声を聞く。深まる霧と怪しげな気配。はやく森を抜けようと再び歩き出すと…前触れも無く、突然ニーナの身体が小さくなっていった。
BOF1.jpg
BOF2.jpg
BOF3.jpg

その瞬間を見ていないリュウとマスターは突然ニーナが消えたようにしか思えない。一方のニーナは突然変わった景色にパニックを起こしかけている矢先、後からついてきたサイアスに踏み潰されそうになる。
BOF4.jpg
BOF5.jpg
ニーナがいなくなったことを不思議がるリュウたち。そんな一行をよそに小鳥が一羽飛んできて、ニーナがいたはずの場所から「なにか」を掴み、再び森の奥へと消えていった…
BOF6.jpg
BOF7.jpg
BOF8.jpg

続きを読む»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。