スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロリ妹の極北

大人になる呪文 新学期 全4巻/パニックアタック

『妹が居るお兄ちゃんは、買わないでください。妹が欲しかったお兄ちゃんの為の本です。この本を購入されると無性に年の離れた妹が欲しくなります。主人公の未由(みゆ)ちゃんは、早く大きくなってお兄ちゃんのお嫁さんになる為、魔法の勉強を頑張ります。でもお兄ちゃんは、ただのロリコンでした。元祖、妹萌バイブル!』(以上、公式の紹介文より)

紹介文の通り、ダメなお兄ちゃんのためのマンガです(褒め言葉)。公式の紹介文がコレって相当だと思うんだけど。
正直、紹介文以上に説明することがほとんど無い。小学3年生(第1話時点)の妹を持つ大学1年生の兄が、自身の欲望とオナニーのためだけにひたすら妹にイタズラを繰り返す話…改めて全巻通して読んだけど、ホントにそれだけだった。登場人物も未由とお兄ちゃん(昇太)の他には未由の親友の美樹ちゃんしか出てこないというコンパクトっぷり。兄妹の両親は長期間海外に転勤しているため出てこない。さらに魔法を全く使わない話も結構ある。

だがその分、作者のロリ妹に対するこだわりはもの凄く、ありとあらゆるシチュエーションを駆使して萌えを追求し、それに応えるかのようにお兄ちゃんは未由にイタズラを繰り返す。それも常にギリギリ(アウト)な行為に及んでおきながら兄のポリシーにより絶対に本番は無いという、成人誌に掲載されていた作品としてはかなりの異色作。お兄ちゃんはゲスっぽい行動をするくせに、根は善人っぽくてたまに良いお兄ちゃんだったりするあたりがなんかほのぼのする。あくまでも追求するのは萌えというこだわりなんだろうか。そのためなのか、このマンガには成人指定が入っていない。

1巻と3巻に未由が小人化するシチュエーションがある。1巻では健康診断で全く身長が伸びていなかったことを気にする未由が「大きくなる呪文」を使おうとして失敗、人形ほどの大きさに縮んでしまう(第7話)。しかし2~3時間ほどで元に戻るということが分かり、お兄ちゃんは小さくなった未由に幼稚園児の人形服を着せて遊ぶことに。指でのどをゴロゴロされたり、大きなワッフルに跨ったりスプーンで牛乳飲んだり…ワッフルをワッホーと言わせるのはどうかと思いますよお兄様。
第7話の扉絵は巨大なワッフルにかじり付く未由。第8話の扉絵は園児服を着て兄のワイシャツのポケットに隠れる未由。

3巻では未由が家にある子供用プールで水泳の練習をするため、水着を着たまま小さくなる(1巻の時より小さい。8cmくらい?)。ところが丸っきり泳げなかったため、お兄ちゃんの人差し指に跨ってバタ足の練習をすることに。当然(?)練習を続けるうちお兄ちゃんにスイッチが入ってしまい、そのまま指で未由の股間を弄くる…うん、こんなシチュエーション初めて見た。その後小さいままでお兄ちゃんの肩に乗ってお昼ごはんを食べていたら、足を滑らせて子供用プールに落ちてしまい…

シチュエーションがどうこうというよりも、完全にロリ系の路線なのでそれを受け入れられるかどうかが問題。受け入れてしまえば、他の話も触手・分身・若返り(幼児化)と様々に揃っていて割と面白い。巻末の描き下ろし番外編では美樹(なぜかやたら発育が良い)が主役の話が多いが、こちらも(兄の)クマのぬいぐるみへの静物化(憑依?)が含まれていたりと妙にマニアック。ホントになんで成人指定が付いていないのか疑問に思えるほど。
あ、ちなみに4巻(第27話)では未由が呪文に失敗し、全裸のまま部屋の中で数mほどに巨大化します。

タイトルに「新学期」と付いているのは、以前FOX出版で発売されたものの再収録版であるため。両者の1巻を読み比べてみたが、表紙と中表紙およびカバー裏の4コマのほか、「新学期」のほうに描き下ろし番外編が追加されている以外はほぼ完全に同じだった。現在は電子書籍版も出ている。ニコニコ静画のものはR-15指定。
スポンサーサイト

タキシード姿のウサギが来て

新訳 ふしぎの国のアリス/ルイス・キャロル 作・河合祥一郎 訳・okama 絵

『アリスは7歳の女の子。野原でうとうとしていたら、懐中時計を持ったおかしなウサギが走ってきた。ウサギを追って、地球をつきぬけるような深~い穴に落ちると、そこはふしぎの国!あまいケーキを食べれば体がのびて、びんの水薬を飲めばちぢんじゃう。涙の海を泳いだり、ドードー鳥とかけっこしたり、こわいハートの女王様に首を切られそうになったりと、もうめちゃくちゃ。51の絵と新訳で名作がうまれかわる。』(以上、カバー背面あらすじより抜粋)

不思議の国のアリスほど一般的な知名度が高く、なおかつ細部まで詳しく説明できない作品も稀だろう。英文学をはじめとした外国の作品を日本に輸入する際には常に翻訳の壁が立ちふさがるが、本作品は150年前に初版が刊行したにも関わらず日本語訳が完全に成されていない作品の代表格でもある。パロディの題材として文字通り使い古された感はあるものの「不思議の国のアリスってどんな作品?」と聞かれて的確な説明ができる人が果たしてどの程度いるだろうか?

日本におけるアリスの刊行形態はいくつかある。ひとつは児童書として絵本に落とし込んだもの。英文がもとになっている(日本人にとっては)難解な詩はほぼ省かれ、体の大きさが変わり動物と会話ができる不思議な世界の雰囲気を伝えようとするものだ。その対極にあるのが詩やパロディの源流まで詳しく解説した専門書の類。3月ウサギや帽子屋といった当時のイギリスで主流だった「常識」(いずれも「イカレている」の暗喩)や詩に描かれた背景などを詳しく解説したもので、パロディ作品が作られるエッセンスともいえるものだが、とてもじゃないが子供の理解できる情報量を軽く超えている。

では本来この作品は誰に向けに書かれたのか?というと、当時の10歳前後の英国中~上流階級の子女に向けて出版されたものというのが実際のところだ。その点を考えるとこれは児童書として読まれるべき作品であり、本来オトナが眉をひそめながら解釈を議論するものではないのである。事実、作品でアリスが纏っているエプロンドレスは当時のイギリスの子女における一般的な服装であり、刊行時に本作を読んだイギリスの子女はむしろアリスを身近な存在として感じたのだ…と、思う。専門家じゃないからその辺りは知らないデス。

閑話休題。で、この作品の位置づけはどこなのかというと「日本語の体裁をとりながら詩やことば遊びのニュアンスを可能な限り精確に訳した児童文学」だ。つまり、本来当時のイギリスの子供たちに読まれるように作られたものが、そのままの形で日本の子供たちに記された作品なのである。「新訳」と銘打っていながら、150年ぶりにようやく出た正しい意味での日本語版「ふしぎの国のアリス」と言って差し支えないだろう。

実際、私もアリスに関する様々な書籍を見てきたが、ここまで原作のニュアンスを伝えているのは稀だ。物語中に出てくる詩のライム(韻)も違和感の無いようにで日本語に訳し、予備知識なしで読んでもニュアンスを汲み取れるような工夫がしてある。ただサラッと読み流しただけで原作の雰囲気が伝わるものはほんとに希少で、キャロルも草葉の陰で喜んでいるだろう―ちなみに、原作の詩においても意味はあまり重要視されていない(はずだ)。それを日本語に訳す際、単なる音韻の作るリズムと駄洒落の面白さに落とし込んだのは見事というほか無い。

okama氏のイラストも、可愛らしいだけではなくところどころギミックが散りばめられている。「ブタとコショウ」の段に挿絵されている赤ん坊のイラストはよくよく見ると子豚のトリックアートになっているし、海ガメモドキの外見はどこからどうみてもウシを思わせる姿だ。こいつらを相手にお利口さんな(というか若干生意気な)7歳のアリスが四苦八苦する情景も緻密に描写されており、アリスってどんなものかを説明するのにこれ以上の題材も無いと思えるほど。ある程度知識を身につけてから読むとより一層楽しめるので、大人になってからもう一度アリスの世界を知りたいという人にもオススメ。

サイズフェティッシュ的な要素も比較的充実している。イラストでは巨大化については「なみだの池」「家の中で巨大化」「裁判での巨大化」「エピローグ」の4つに挿絵がある。特に家の中での巨大化のイラストは狭さを基準に大きさを表現しており見ごたえアリ。縮小化についてはあまりそれっぽいイラストが少ないが、アリスの翻訳書には珍しく「大きな仔犬」のシーンに挿絵がある。ポップな絵柄でありながら見上げ視点で、本文と相まってなかなかの臨場感…やっぱアリスってこの界隈的に外せない作品だと再認識した次第です。

この作品の続編となる「かがみの国のアリス」についても同じスタッフで新訳が出ている。こちらも是非。

すべてありのままを (R-18)

LOVERS HIGH/御堂明日香
『お兄様のためにがんばる箱入り娘、綾香奮闘記「HONEY SWEET TORMENT」など、禁忌的ながらも明るくコミカルタッチに描かれた初単行本。』(以上、カバー背面あらすじより抜粋)

「Lock,stock,and barrel」

沙也香(さやか)は今、付き合っている同級生・清宙(きよはる)くんに夢中。今日も沙也香はがんばって早起きして清宙くんのためにお弁当を作ってきたのだけど、いざ渡そうとしたときに何故か清宙くんの部活の後輩が邪魔してきた。いや、別に邪魔したわけじゃなく、ただ清宙くんが朝練のときに貸した辞書を返しにきただけなんだけど…どうしても気になる。後輩のコにヤキモチ焼いて、なんだか私どんどん嫌なコになっているみたい…
それはきっと、沙也香のコンプレックスのせい…?それもそのはず、清宙くんは161cmと小柄なのに、沙也香の身長は172cm。あのコ、清宙くんの隣ですごく自然に見えた…

―翌日。学校を休んだ沙也香を心配して清宙が家までお見舞いに行くと、そこには異様な光景が広がっていた。床に脱ぎ散らかされたままの沙也香の服、そして当の本人は喫茶店のウェイトレスの格好で机の上に立っていた―人形ほどの大きさで。
事のあらましはこうだ。自分の高身長に悩む沙也香は昨日帰ってすぐ、天才科学者であるママに「小さくなる薬」を作ってくれるよう頼んでいた。ママをおだてて薬を作って貰ったはいいものの、いざ使ってみると予想以上に効果があり人形サイズまで縮んでしまった。ママもまだ帰ってこないし、仕方なくフィギュアの服を着ていたのだけど…

落ち込む沙也香。それでも清宙くんは可愛いと言ってくれて―そのままスカートをめくってきた!?しかもそれだけに留まらず、清宙くんは片手で人形の服の上から沙也香の胸を弄る。パンツの中に太すぎる指を突っ込んで愛撫され、陰部を直接ザラザラの舌で嘗め回されているうちに沙也香も気持ちよくなっていき、なし崩し的に服をすべて脱いでしまう。そのまま清宙くんの巨大なペニスに全身で跨って…

続きを読む»

絵本の定番。定番?

ゆめいっぱい みんなプリンセス おんなのこのめいさくえほん/文:ささき あり

懲りずに絵本を買う。今回買ったのは女の子向けの名作が24篇入ったオールカラー版。値段が1600円だったので、一話あたり約67円というお買い得っぷり。題材は古今東西を問わず、「ヘレン・ケラー」や「マザー・テレサ」などの伝記も含まれている。表紙は不思議の国のアリスがメイン。
全24篇に対して7人のイラストレーターが挿絵しているのだけど、どれも萌え絵というか絵柄がポップ。それが絵本にそぐわないという訳ではなく、鮮やかなパステルカラーで描かれた数々の絵は確かに幼い女の子が読むには適しているだろう。もちろん元が残酷な童話だろうとグロ成分は無し。「あかいくつ」だって安心して読めるぞ。


おやゆびひめ/絵:七海 トモロウ
10ページ。序盤の展開が妙に速い一方でモグラと会ってからが結構ある。子供のいない女の人が育てた花から生まれたりその女の人と遊ぶシーンもカットされて、2ページ目でいきなりカエルに攫われてたからちょっとびっくりした。
展開は速いがストーリーは基本的に原作どおりで、テンポ良く話が進む。ただ大きさを感じさせる描写は少なく、こおなご目的で読むものではないかな。ヒキガエルやツバメ以外は基本的に同じ大きさの生き物との絡みが多いし、身体が小さいからどうにかなる話では元々無いと言ってしまえばそれまでなんだけど…前も似たようなこと書いたな。
確か原作だとツバメは親指姫が首元に隠れられるくらい大きかったり、本当は親指姫が好きなのに花の王子との結婚を祝福したりと結構いいキャラなんだよね。

ふしぎのくにのアリス/絵:和錆
12ページ。イラストの人、有名な方みたい。すごくつやつやキラキラした彩度の高いイラストで、絵本の他の話と比較しても存在感がある。「シンデレラ」もこの人が挿絵してるけど、なんか意地悪なお姉さんたちまでかわいいぞ。
原作が結構長い話なので、12ページに圧縮してもかなり足りない。そのためかところどころのエピソードを省いており、細長い広間のシーンから直接イモムシのシーンにつながる。省かれているのは「コーカス・レース」「トカゲのビル(家の中で巨大化)」「大きな仔犬」「ブタとコショウ」など…やっぱり大きな仔犬は省かれる運命なのか…幼児向けの解釈なので詩や難しい言葉遊びは無く、あくまで世界観を味わうことに特化している。まあこれでいいんじゃないかな。
とはいえ、広間で大きくなったり小さくなったりするシーンが結構丁寧に描かれていたため個人的には満足。小さくなっているイラストはクスリを飲んだ後、涙の海に溺れるアリス、キノコの上のイモムシを見上げるアリスの3つ。大きくなっているイラストが広間で泣いているアリスの1枚。小さい状態のイラストのほうが多い作品は結構珍しい。幼児向けとはいえ、イラストはどれもポップで精緻。
あと裁判のシーンもあるんだけど、なぜかアリスはあまり大きく描写されていなかった。

あとは「ねずみの よめいり」とか「みつばちマーヤ」とかもあるけど人間じゃないので今回は割愛。ボリュームの割りに値段が安いので、親戚の子供とかに買ってあげるには最適かも。有名どころが揃っているのだが、私が一通り読んだら結構知らない話があった。「ゆきおんな」はともかく、「アルプスの しょうじょ ハイジ」とか初めてまともに読んだ。夢遊病でレイプ目のまま歩き回るハイジが妙にかわいいです。

融ける性別

BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY―甘詰留太チェンジH短編集―/甘詰留太

(BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY episode1)

岡下勇、中学3年生。あだ名は「勇子」。性別は―まだ男子。彼は後天性性転換症を患っている。
後天性性転換症。1万人に1人位の確率で発症するこの病気は、適切な処置をしないとそれまでとは逆の性別へと性転換してしまうという病気だ。岡下は中学2年頃からゆるやかに女の身体に替わって言っているが、病気がまだ進行中のため手術も投薬もできない。高校を卒業するまでに自分の性別を決めるよう言われているけど…
学校では男子達から大きくなってきた胸をもまれるセクハラ(?)を受けているけど、もともと頼りない性格だったためか抵抗することもできない。同じクラスの小出純子からは、男らしくしろって言われるけど全然ダメ。

週に1回診察を受けている病院で、また病気が進行していることを知らされた。それに、おっぱいは大きくなっている一方でチンコも玉も小さくなってきている。自分はこれからどうなるのか…
そんなことを考えながら用を足していると、隣の小便器で同じように用を足している小出純子と目が合う―純子!?ここ男子トイレだよね!!?そう考えながら小出の股間に視線を移すと――ついて、いた。本来無いはずのものが。クラスのボス・小出純子は、ボクと同じ…病気?

半ば強引に小出の家に連れてこられた岡下は、小出の抱えている悩みを知ることになる。男性化していく自分の身体のこと、オナニーのやり方、そして自分の家族のこと。「男だったらいいのに」と言われ続け女らしく振舞い続けていた小出は、自分を純と呼んで欲しいと岡下に頼む。小出は恐怖を覚えながらも、「男の子」になることを受け入れようとしていた。
秘密を共有した2人はもう仲間。付き合ってるわけじゃないけど、同じ悩みを抱えるパートナーだ。岡下は小出ほど、自分の性別をまだ受け入れられないけれど。
―その次の日、小出は長かった髪をバッサリ切ってしまい、とてもボーイッシュな格好になっていた。



BOY MEETS GIRL GIRL MEETS BOY episode2

小出の身体も岡下と同じく少しずつだが確実に男性化が進んでいた。クラスの女子がその日話題にしていたのは夢精のこと。男は寝ている間にエロいことを考えて「漏れる」っていうけど、自分の身体でそんなことはまだ起きていない。
岡下に夢精のことを相談すると、意外な(?)答えが返ってきた。
「あるよ…ボク、夢精…この前も」
あるの!?と喰いつくと岡下が弁明してきた。なんでも、胸が大きくなってきてからオナニーする回数が減ってきており、そのせいで夢精したんだとか。ふっふーん。オナニーやめると、ムセーするんだ…
「ねぇ小出…夢精、興味あるの?」
「……うん…だってさ、男の子(じぶん)のこと…だし」
夢精…気持ちいいのかなァ?というより自分(わたし)の中に、どんな男(じぶん)がいるのか…知りたい…


その夜、体は疲れててだるいのに目が覚めてしまった。いや…目が覚めたっていうか、まだ…寝てるっていうか…とにかく頭がボンヤリして体は重くて、気がつくと、

小さな勇を握りしめてい…た。
手に感じる勇のぬくもり…柔らかな感触…勇のおっぱいプニプニして…手が気持ちいい…乳首だけ固くなってて…
…勇の表情にゾクゾクしちゃ…って…私の手の中の勇は…私の力加減でいくらでも弄べて…
…衝動がおさえられない。勇を、ムチャクチャにしたい…勇を、ムチャクチャに、したい。勇…勇ッ!!勇ゥ!!
―握る手に力が入ったんだと思う。それまで喘いでいただけの小さな勇が喋った。
「いっ…痛…いよ、純子ォ…」
―苦しそうな勇の表情にハッとする……私…
「ご…めん」

―そう呟いて勇から目を逸らした――だから、後ろから近づく勇の手には気付かなかった。
「純子…」
私が弄んでいた勇はいまや私を握りしめている。いつの間にか、私も裸だ―やっ、やだ私…握りつぶされちゃう!!
「はっ離して!!勇ッ!!離してッ!!」
「大丈夫…」

―暴れる私に勇は優しく話しかける。
「大…丈夫。純子を傷つけないよ」
「ボクはわかってるよ…純子。同じ体だもの…」
―頬にキス。唾液は私の胸の間を流れて、股間のモノを濡らす。勇はそれを片手で弄りながら、もう片方の手で私のおっぱいを捏ね回す。あっ、あ゛っ!!勇ッ、勇ッ!!
「純…子」
―伸ばされる舌。私も小さな舌を出してその先端に―――


目が…覚めた。とんでもない夢みちゃったっていう後悔と恥ずかしさと、でも…腰の辺りが何かフワフワと、快感そのものじゃなくって快感の余韻が、ずっと…ずっと…残っていて…
…パンツはベトベトになってた。あーあ゛、あ…あ…勇は、勇はどうだったのだろう…
勇は夢精の時どんな夢をみてたのか、すっごく気になったけど、まだ…聞けてないんだ。

続きを読む»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。