スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20世紀は過去の時代

たいむとらぶるトンデケマン
1_convert_20140525222406.jpg
ハヤトとユミはトンデケマンの実験で20世紀から9世紀のバグダッドに飛ばされてしまった。アブドーラからトンデケマンを奪い返して、20世紀に帰ることができるのだろうか!?

第36話「大変ミクロのシャララ姫」

数度に亘る攻防の末、ハヤトとユミはついにアブドーラからタイムマシン・トンデケマンとシャララ姫を奪還することに成功する。早速トンデケマンの能力を利用して20世紀へと通じる次元の穴を開け、元の時代へと帰ろうとする二人。しかしながら、空きっぱなしの次元の穴から、9世紀バグダッドの住人であるシャララ姫やその許婚のダンダーン、さらにはアラジンやアブドーラまで飛び込んできて、一緒に20世紀へとついてきてしまう。
2_convert_20140525222435.jpg
3_convert_20140525222446.jpg
そうして過去のバグダッドの住人を引き連れたまま、夢にまで見た自分達の世界に戻ってきたハヤトたちだったが…どうも様子がおかしい。確かにトンデケマンを作った20世紀の科学者・レオナルド博士の研究室へとワープしたはずなのだが、周りのものの縮尺がやけに大きすぎる。戸惑うハヤトたちの前に突然振ってきたのは―途方も無く巨大なハンバーガー!そしてそれを拾い上げようとする巨人、いやレオナルド博士の姿だった。どうやら、次元の穴を潜り抜けるときに影響を受け、小さな体で20世紀へと転送されてしまったようだ…
7_convert_20140525222522.jpg
8_convert_20140525222531.jpg
9_convert_20140525222541.jpg
なんとかレオナルド博士に小さくなった現状を知らせ、元に戻してもらおうとするハヤトたち一行。ところがハヤトとユミがあまりにも小さすぎる上に博士自身の老眼が進んでいるためか、レオナルド博士には埃としか認識されず注意を引くことができない。レオナルド博士はその日の研究では特にアイデアを閃くことも無く、そのうちいつもの怠け癖が出てソファで居眠りを始めてしまう。ハヤトたちは博士の耳元まで登り、大声で叫ぶことで目を覚まそうとするも、努力の甲斐むなしく博士は眠りこけたまま。それどころか、指でハヤトたちを弾き飛ばし、そのドタバタでシャララ姫とは離ればなれになってしまう。
10_convert_20140525222550.jpg
11_convert_20140525222559.jpg
そんな時、偶然にも博士の隣の家に住んでいるジュンが珍しい虫について調べるため、研究室を訪れていた。ジュンはソファで居眠りをする博士の様子を見に行ったとき、椅子の手すりにぶら下がっている奇妙な虫を目にする。さっそくその虫をつまみあげて標本にしようとするジュン。ジュンが見つけた虫とはもちろん本物の虫などではなく―バグダッドから来てミクロ化したシャララ姫だった。
このままでは無邪気なジュンの手によって、シャララ姫が昆虫標本にされてしまう!ハヤトたちは虫のように小さな姿のまま、なんとかレオナルド博士を起こしてシャララ姫と自分達を救おうとするのだが…

続きを読む»

スポンサーサイト

人形サイズが比較的大きく思えるのは末期でしょうか

やまンこ! 1巻/原作・雑破 業 作画・井冬 良

"やまンこ憑き"。やまンことは山猫の転訛であり、「山の子」―すなわち山の神の使いの意。花猫の一族には時折このやまンこ憑きが現れることがある。
花猫音々子(かねこ ねねこ)もそのやまンこ憑きだった。やまンこが憑いているときは、勘が鋭くなったり身のこなしが素早くなったりと、ネコの能力を得ることができる…のだが、その一方でネコ耳と尻尾が生えてきてしまう。音々子はまだこの能力を上手くコントロールすることができず、驚いたり気を抜いたりするとネコ耳や尻尾が現れるという特異体質を抱えていた。さらに悪いことに、音々子は自分で意識してこのネコ耳や尻尾を引っ込めることが出来ないのだ。

そんな音々子が叔母の経営する骨董品屋「のの屋」を訪ねて都会へ出てきた日、2人の少女と運命的な出会いをした。
ひとりは里羽千実(さとう ちみ)。見た目も行動も小学生にしか見えない彼女は左目に霊視能力を持っており、普段の状態から音々子の尻尾が見えるという。
もうひとりは綿鍋眞琴(わたなべ まこと)。千実とは対照的に長身で極端に胸が無く、パッと見には男性に見える。ポエム作りが趣味な以外、特に何の能力も無い陰気な少女。だがその"陰の気"はやまンこ憑きの"陽の気"を打ち消すほど強く、触れることで音々子のネコ耳や尻尾を引っ込めることが出来る。
3人は高校入学の初日、偶然にも同じクラスに配属される。こうして、やまンこ憑きを隠しながら生活する音々子と、特異能力を持つ2人の不思議な高校生活が始まった―


第5話

あるよく晴れた日、眞琴はいつものように公園に来ていた。今日のおやつは、家庭菜園をやっているご近所さんから貰った、好物のキャベツ。一枚ずつめくって、少しずつモギュモギュと食べる。暖かい日差しの射す、幸せな午後。自然と眠気が…

―居眠りしていた眞琴が目を覚ますと…何故か全裸だった。横を見ると、ベンチに鎮座する巨大なキャベツ…理由は全く分からないが、眞琴は人形サイズにまで小さくなっていた!
とりあえずベンチから降りて、ズボンのポケットに入っていたハンカチを身に纏う眞琴だったが、そこに千実が能天気に歌を歌いながらやって来た。とっさにベンチの影に隠れる眞琴。千実は脱ぎ散らかされた衣服を見つけ、あろうことかパンツだけを取ってどこかへ走り去ってしまう。
災難はさらに続く。千実を追いかけようとした眞琴はカラスに捕まってしまい、そのまま上空に連れ去られていく。眞琴はバタバタと暴れてなんとかカラスから解放されるが、同時に真っ逆さまに落ちて行き、道を歩いていた音々子に頭から激突した。落ちてきたのが小さくなった眞琴だと気付いた音々子は、そのままのの屋に連れて行き、しばらく眞琴を『飼う』ことにするのだが…

続きを読む»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。