スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは全然意味がないアリス 耳のないウサギが言いました

歪みの国のアリス/執筆 狐塚冬里 原案 サン電子株式会社 (ナイトメア・プロジェクト) イラスト vient
(公式HP: http://www.freegamenovel.com/alice/index.html

終わりの見えない廊下。誰もいない教室。すべての音が消えた街。
夕暮れの迫る学校で目覚めた女子高生・葛木亜莉子(かつらぎありこ)が出あったのは、「チェシャ猫」と名乗る、フードを目深に被った怪しげな人物だった。
「さあ、僕らのアリス。シロウサギを追いかけよう」
チェシャ猫に誘われ、妙なヒトやケモノたちが住まう「人の消えた世界」へ迷い込んだ
アリス=亜莉子は、元の世界に戻るために「シロウサギ」の行方を追うが――・
やがて忘れられた真実と邂逅した時、新たな悲劇の幕が開く。その果てにアリスが見たものとは?

さあ、覚めることのない悪夢をあなたに――

(以上、小説帯より抜粋)


正直に言うと、この作品を扱うべきか否か、かなり迷った。
小説の元となったゲームは一時期ブームを巻き起こしたほど有名なものだし、小説版の刊行も話題になったため、この本の感想自体はネット上に数多く存在する。
サイズフェチの面から見ても、ゲーム内では主人公の亜莉子が小さくなるシーンがあり、この小説がゲームのノベライズならば縮小娘の要素を含むことも分かっていた。

じゃあ何が問題なのかというと、この作品は他の作品のように縮小パートだけを取り出して解説することが非常に困難なのだ。不可解なシーンと不条理な登場人物が繰り広げる荒唐無稽なストーリーではあるが、ひとつひとつのパートがそれぞれに連続した意味を持っているので、一部だけを切り出そうとするとどうしても歪なものになってしまう。
つまり、ゲーム版の説明を抜きにして、小説版のswシーンだけを説明することがとても難しい。普通の縮小娘モノとして取り扱うにしても、ゲーム版の存在を無視できないのだ。
…というわけで、ゲーム自体もとても面白いので興味がある人は実際に買ってみよう。ゲームだとスマホ版で400円なのでお手ごろデス。


で、この小説の位置づけとしては、ファンアイテムのひとつとして捉えるのが妥当だと思う。
内容自体はごく忠実なノベライズであり、原作の雰囲気を全く壊さずにあの空気感を小説に落とし込んだ手腕は素直に評価したい。もっとも、元のゲームは途中でストーリー分岐があるサウンドノベルなので、小説版は特定のルートを辿っているという見方も出来るが、それでも小説単体として世界が完結するような作りにはなっている。

だが、この「原作に忠実である」という点が問題なのだ。小説がゲームの世界観を超えないように気を遣った結果だとは思うが、会話文どころか地の文(=アリスのモノローグ)までもがほぼ原作に準拠しており、良くも悪くもオリジナリティがほとんど無い。強いて言えば、ゲーム版ではややお転婆な印象を受けるアリスのセリフが抑え目になっており、少し大人びた印象を受けるくらいか。
あとは小説版とゲーム版で違いがある場所を見つけることが難しいほどに原作をなぞっている。
違う箇所を挙げるとネタバレになってしまうが、公爵の一人称が違う点、ストロベリージャムパン(登場人物デス)が廃棄処分となった理由、ウミガメモドキとグリフォンが出てこない点、それと―結末で由里の生死がぼかされている点が異なる。それ以外については他のキャラが原作のセリフを補っており、原作を知らずとも問題なく読み進めることが出来るほどだ。グリフォンさん哀れ。
ちなみにゲーム版は5つのマルチエンディング方式だが、小説版はそのうち2つを採用している。どれとどれが採用されたか、実際にプレイした人はなんとなく予想がつくのではないだろうか。

そうなるとこの本の目玉はイラストか解説かということになるのだが…挿絵については全編通して10枚程度と少なく、解説については一切なしである。イラストは公式HPで見られる通り、とても美麗なものだっただけに残念だ。
おそらくはメーカー側が、読者に固有のイメージを抱かせず、それぞれの印象を大事にして欲しいという配慮が徹底された結果、こうした形でのノベライズとなったのだと思う。そう考えると納得は出来るのだけど、やっぱりちょっと、ね。


さて、肝心の縮小要素だが、第一章で亜莉子がチェシャ猫と名乗る男に小さくなるパンを無理やり食べさせられ、以降しばらくの間(第二章終盤まで)は人形程度の大きさで話が進行する。チェシャ猫は終盤までアリスのパートナーとして行動するため、小さくなっている間は自然とアリスがチェシャ猫に保護される形でストーリーが進む形式だ。
…え、小さくなる理由?アリスは縮むものと決まっているのさ。
縮む場面も服は小さくならず、しかもチェシャ猫の目の前で縮んでしまったり、その小さな身体のまま無人の学校を彷徨ったり、以降のシーンでもいろんな人物(?)に身体を掴まれたりと、見所は結構多い。小さくなった視点での描写はかなり凝っているようで、この点については手放しで評価したい。
もちろんずっと半裸のままでストーリーが進行するわけではなく、途中でハリネズミと小人の仕立て屋にエプロンドレスを新調してもらうのだが、なんとこのシーンにはイラストがついている。仕立て屋となった学校の家庭科室で、慣れない緋色のエプロンドレスを着て戸惑う亜莉子と、その後ろで満面の笑みを浮かべるハリネズミのシーン。メルヘンチックな衣装に照れながら恥じらう亜莉子がとてもおいしそう可愛らしい。

それと挿絵ではないのだが、小さい状態でのアリスのイラストはもう一枚ある。…まさか419ページの小説の419ページ目にあるとは思わなかった。イラスト担当のvient 氏の寄稿だろう。
ニヤニヤ笑いのままフードを被ったチェシャ猫と、その肩に乗って不安げにフードを握る小さなアリスのツーショット。ある意味、この作品を象徴しているイラストだと思う。時期は明示されていないが、こしあん vs つぶあん戦争のシーンだろうか(そういう場面があるのデス)。そうだとすると、このイラストはアリスのチェシャ猫に対する信頼が段々と深まりつつある時期なので、いろいろ想像できて楽しい。


小説版の定価がゲーム版の3倍(1200円)ということもあり、ゲーム版を全く知らない人にこの作品をswものとしてオススメするのは正直少し気が引ける。私自身は読んでいて楽しかったし、満足もしたのだけれど。ゲーム版に愛着があって本の形で手元に置いておきたい人にとっては、なかなか良い小説だと感じた。
幸い、小説版はゲーム版と違って人に見せたり貸したりするのが楽なので、布教用(?)として持っておくには便利なシロモノだ。貸した相手がゲーム版にも興味を持ったならばしめたもの。そのまま足首を掴んで不思議の国に引きずり込んでしまえ。


最後にひとつだけ。
紹介文において、主人公はアリス=亜莉子と説明されている。アリスも亜莉子も同一人物の同一人格であるのだが、実際の作品中では状況に応じてこの二つの呼称を厳格に使い分けているのだ。
小説版だと切り替わる場面でリードがあるので分かりやすいが、ゲーム版でもさりげなく―注意していないと見過ごしてしまうほど―自然に二人の『アリス』が入れ替わる。例えばアリスが一旦現実の世界に戻ってきて友人と再会する場面では『亜莉子』に戻るが、あるタイミングでまた『アリス』へと変化する。
―実は小説版とゲーム版で、この入れ替わりのタイミングが違う。
具体的には小説版のほうが『亜莉子』でいるシーンが多く、ゲーム版で『アリス』として発言している場面の一部が『亜莉子』に置き換わっている。自身の呼称を決めているのは『亜莉子』本人なので、亜莉子が自分を―――と考えている要素が大きいということか…?
さらに小説版では、この名前に関してラストシーン(404ページ)にちょっとした仕掛けがある。なぜ不思議の国の住人は亜莉子をアリスと呼ぶのか、なぜ亜莉子はその理由を知らないのか、読者にある程度の回答が与えられた上での粋な仕掛けだ。

これは何を意味しているのか?そもそもなぜ、小説版ではこのルートで話が進行しているのか?
―本当はそこに意味などないのかもしれない。でも、その理由をあれこれ考えるのは楽しい。
眠れない夜、スマホと小説を手に、アリスの足跡を追って不思議の国に飛び込んでみるのも面白いだろうね。

――だけど、そのまま眠ってしまわないように気をつけて。
スポンサーサイト

老婆の迷信 手のひらに卍

ラブリー百科事典~極東フェアリーテイルズ~ 第2巻/岡野史佳

桜井乃亜が転向してきたのは、オバケの天然記念物保護地域というとんでもない所だった!乃亜の隣の席には身長30センチの太郎丸くんが…。彼の正体って一体!?愉快痛快・まじかる★ファニー★ファンタジィ・第1巻!!
(以上、ラブリー百科事典(花とゆめコミックス)第1巻あらすじより抜粋)

桜井乃亜14歳。いまだかつて山の手線の内側しか知らなかった女。
「……」
9月3日、初めての通学路は、アスファルトじゃなかった。

あたしはこの秋から、山田村というド田舎の中学校に転校することになった。元はといえば、うちのお父さんがリストラの憂き目にあっちまったせいなんだけど…それにしても、よりによって年頃の娘がいる家族に対してこの仕打ちはどうよ。
とりあえず、コンビニはない。カフェも雑貨屋さんもない。携帯電話の電波はつながらない。気を取り直して中学校に行っても、ここの田舎者どもとは全く話が合わない。せめてかっこいい男の子がいれば…
転校初日襲い掛かる、数々の衝撃的な事実。…でも、それはまだ大人しいほうだったみたい。同じクラスの桃田かすみちゃんに案内されて自分の席についたんだけど、あたしはそのとき隣の席の椅子に何かがあるのに気付いた。
…男の子の人形?大きさは30センチくらいだけど、よく出来てる。

「……何?これ」
指でその人形?の頬をつつきながらかすみちゃんに聞いてみる。
「何って、だから…」

「もーーっ、痛いじゃないかっ、人のカオをなんだと思ってんだ!」

!?しゃ、しゃべった!なに、妖怪の類!?
…え、違う?妖精?白妖精(ライトエルフ)の王子・太郎丸だって?
「だってこの村妖怪ならいっぱいいるもん、珍しくもないし」
話に全くついていけない私を放っておいて、かすみちゃんは話を続ける。
どうやらこの村には元々妖怪が住んでいたけど、最近の環境変化とかでタチの悪い外国産の妖怪まで流れ込んできているとのこと。夜道には気をつけるように言われたけど…信じろって言うの、それ?

ところがその言いつけを守らずに夕暮れの山道を歩いていたら、木の上からホントにバケモノが襲い掛かってきた!しかもかすみちゃんが言ってたタチの悪いやつだったみたいで、そのまま動けないあたしの生きギモを喰らおうと…きゃー!!

「待てーーバケモノーーッ!ぼくが相手だぞーーー!!!」

ま、まさかヒーロー登場!?…と思いきや、現れたのはさっきの太郎丸。あんたみたいなチビ(ってレベルじゃないけど)が助けに来たってどうしようも…あ、この妖怪(?)も笑ってるし。

「ぼくを~~~バカにするなーーっっ!」
と、太郎丸が叫んだ瞬間。ボンッと音とともに太郎丸が大きくなって(!?)、ふしぎな力であっという間にバケモノを消し去ってしまった。
ううん、それよりも、もっと重要なのは…なに、この、すごいイケメン!?この素敵な彼とあの食欲魔人のチビが同一人物!?

一通り騒ぎが落ち着いた後で、英語教師のリック先生から聞いた話はこうだ。
どうやらたろ(太郎丸のことね)は妖精の国―グレートブリテンの地下から、山田村から要請を受けてリック先生とともにやってきたらしい。目的は、欧米から山田村に流れ着いた邪悪な「闇の一族」を闇の中に送り返すこと。それも村を守るためだけじゃなくて、人目を忍んで暮らしてきた日本の妖怪を絶滅から守るためなんだって。
…にわかには信じがたい話だけど、こうして実際に助けられた以上信じないわけにはいかない。そしてそれ以上に、私はあの伸縮自在の無垢で優しい王子様が…好きになっちゃったみたい。
太郎丸は自分の意思では大きさを調節できないようで、ずっとあのかっこいいたろのままではいられないみたいだけど、ちびたろもあたしに好意を寄せてくれてるみたいだし…ちびたろも見た目は抜きにしても中身はちゃんと優しいたろだし…。ああ。

こうして、あたしの報われるかどうか見当もつかない恋は、オバケとのカントリーライフとともに幕を開けたのだ。


第9話 : ナミダの東京 ~ 第13話 : まじかるみすてりーつあー

数え切れない怪奇現象にも(不本意ながら)慣れてきて、たろとの仲もほんの少しずつだけど深まってきた(と信じたい)ある日のこと。このド田舎の中学校にまたしても転校生がやって来た。
藤野みちる。見てくれは気の強そうなお嬢様。だけど…こいつ、初見でちびたろを見ても驚かなかったどころか、「王子様」とか言っていきなりキスしやがった!まさか、太郎丸の正体を知っているの!?
それもそのはず、この女の正体は闇妖精(ダークエルフ)の王女で本名はチルルというらしい。白妖精の王子である太郎丸とは表裏一体の関係で、リック先生でも手出しができないみたい。いわば「必要悪」ともいえる存在だからこそ、除外することはできないんだって。
チルルはそれを分かっているのか、学校でもプライベートでもやりたい放題し放題。しかも自分がたろを好きだからといって、ことあるごとにあたしに嫌がらせをしてくるし!とはいえ、相手は魔法を使う人外だし(たろもだけど)、まともにやりあってもあたしに勝ち目は…

そんな風に悩んでいた頃、渡りに船ともいえるようなニュースが飛び込んできた。
中学生の青春・修学旅行。なんとこの学校では田植えで忙しい春ではなく、稲刈りが終わった秋のこの時期に行うんだって(なにこの学校)。それも、行き先はあたしのホームグラウンドである東京!こりゃ、地理に詳しいあたしがこの女よりも断然有利!この機会に一気に差をつけるチャンスだわ!!


というわけで気合十分、田舎者一同(なんか余計なのも憑いてきた)で東京にやってきたんだけど…そのときになって重大な問題に気がついた。
太郎丸と一緒に旅行に来たのはいいんだけど、あろうことかちびたろの姿でやってきてしまったのだ。たろは自分で大きさを調節することができない。唯一、ミズタマダケというキノコの大きくなる側を食べれば元の大きさに戻れるのだけど、あいにく今日は持ってきていないみたい。このままの姿で誰かに見つかったら、実験材料になるか都市伝説になるか…

「あら、あたし持ってるわよ」
駅のロッカーの陰に隠れて話していたあたし達に話しかけてきたのはチルルだった。そういえば、この子もあのキノコを持ってたんだっけ。
チルルはどこからともなくミズタマダケを取り出し、大きくなるほうのかけらをちびたろに与える。一瞬でたろの姿は大きくなって―そのまま饅頭を買い食いするために走って行っちゃった。ふう、なにはともあれ助かった。

「あ…あの、ありがとう、チルル……」
あたしがお礼を言おうとして振り向いた―そのときだった。チルルはいきなりあたしの後ろに回りこんで、手に持っていたものを口に放り込んできた!おもいっきり口をふさがれて、あたしはおもわずそれを飲み込んでしまう。確か、さっきまでチルルが手にしていたのはあのミズタマダケ。大きいほうをたろにあげたということは!?

―意外というべきか、案の定と言うべきか。しゅるしゅる、という音とともにあたしの身体は小さくなっていき、最後にはチルルの足首ほどの大きさしかなくなってしまったのだ。

「うふふ。あらーーずいぶんとかわいくなったことね」
「チルル!何すんのよっ、元に戻してよ!」
あたしはチルルの足元で飛び跳ねながら叫ぶ。
「いやよ。大体あなたの考えていることくらいあたしにはとっくにお見通しなの。でも悪いけどあたしの方が何枚も上手だったってことよね……」
そういってチルルがぱちんと指を鳴らすと―なんとあたしの姿に変身した!
「というわけで、王子様とデートするのはこのあたし。あなたはそーやって迷子にでもなっててね。じゃーねっ」

チルルが走り去っていくのをあたしは眺めることしかできない。第一、この小さな姿では移動すらできないし、最悪踏み潰されるだけだ。なんとか近くを歩いていたたろの足にしがみついて首元まで登ったけど、それに気付いたチルル(腹が立つことにあたしの姿だ)に払いのけられてしまった。地面に投げ出され、誰かに踏み潰されそうになるあたし。なんとか避けたけど、このままじゃ…!

そんなことをしているうちに、修学旅行のバスは次の目的地へ向けて出発の準備が整ったようだ。もし乗り遅れたら間違いなく置いていかれちゃう!
と思ったら、偶然にももう一人乗り遅れた男子がいたみたい。リック先生には川田とか呼ばれてたけど、この際誰でもいいや!すぐさま足に飛びついて、なんとか一緒にバスに乗り込むことができた。―クラスにこんな男子いたっけ?顔はそこそこいけてるけど、話し方が妙にナルシストっぽいというか、背中の甲羅と頭の皿が…あ、こいつ河童か。
そのまま腰のあたりまでよじ登ったんだけど、川田が座席に腰掛けたときに潰されかけて…あたしに気付いたみたい。でもよかった、これでなんとかなる!

ところが。この川田とかいう男、「太郎丸にあたしのこと知らせて」って頼んだのに、いきなり断りやがった!?
「悪いが太郎丸は俺様の永遠のライバルでな…そうむざむざと奴にばかりおいしい目は見せられないということだ」
な、何?なんなのこいつ!?
「いーから早く話つけてよっ、でなきゃ、あたし元のサイズに戻れないじゃない」
「ほほう…じゃあこうしようじゃないか。きみが元の大きさに戻れた時、この俺様の女になると約束したら、太郎丸に話をつけてやろう」
…ダメだ。このジャイアニズム全開の男になに言っても無駄だわ…
「いーよもうあんたには頼まないから…あっちょっと、何すんのっ」
「その体ではたして俺様から逃げられると思うのか?生きたお人形さんとして存分にかわいがってやるとしよう」
―かくして、あたしの修学旅行はこのいかれた男と一緒に過ごす羽目になってしまったのだ。

浅草、新宿、原宿…本当ならあたしがたろと一緒に回るはずだったスポットも、小さなあたしに出来るのは川田に捕まったまま眺めることだけ。ごはんもおにぎりサイズの米つぶを誰にも気付かれずに食べただけだし、なんでこんなことに…
しかも夕飯のあとは川田に男湯(!!)に連れて行かれ、人知れず洗面器のお湯に浸かることに。途中で浴場にたろが入ってきて―え、たろ、全裸!?い…いけない見ちゃ!ああでもでもっ、ちらっと―とかやってたら…のぼせた。

目が覚めたら一応川田が介抱してくれたみたいで、あたしはハンカチとタオルで作られた簡易なベッドに寝かされていた。
「って、ここ男の子の部屋じゃない!もういやあ、こんなの屈辱だわーーっ!」
などと叫ぶあたしの声になど川田は耳を貸さず。そっぽを向くとそのまま眠ってしまった。

何人の男子がこの部屋で寝ているのか、暗くなった室内にいくつものいびき声が聞こえる。あたりを見回すと、たろもこの部屋で寝ているみたい。…ちょっとそばに行ってみよう…
布団の上を走って、たろの顔の近くまで来てみる。顔だけでも、いまのあたしよりもずっと大きい。
たろ、と呼びかけて頬をぺちぺち叩いてみたけど―起きないよね。なんせ欲望まっしぐらだもんなあ。
ま、いいや…朝までここにいたらきっと気付いてくれるわ。

そうしてたろの眠る布団の近くで夜を明かそうと決めたときだった。いきなり部屋のふすまがスッと開いて、誰かが入ってきた。暗闇の中でも分かるその姿は―「あたし」だった。
チルル!?こいつ、こんな夜中に男子の部屋になんの用が…
…て、これはまさか、いわゆる、夜這いってやつ!?

続きを読む»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。