スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コオナゴ

モドキ/ほしお さなえ

世界には、特別な人とそうじゃない人がいる。特別な人だけが輝いて、愛されて、記憶される。でも、そうじゃない人は…?郊外のマンションに暮らす主婦が覗いたウェブサイト。そこに掲載されていた写真の中のミニチュアの女性は、自分とそっくりの顔をしていた。これは偶然?それとも…。密かに売買されるその人間もどきを巡り、切なく危うい物語が始まる。
(以上、amazonの紹介文より全文抜粋)


桐林は困惑していた。より正確にいえば、恐怖していた。
桐林は南多摩大学の植物研究室で助手を務める科学者だった。
かつて研究室のメンバーと行った南米探検で矮小化した植物群を発見して以来、ずっとその研究を続けていた。
研究を進めるにつれ、植物の矮小化の原因がウィルスのようなものによって引き起こされることがわかってきた。
―いや、違う。我々の知るウィルスとはそもそもの挙動が全く異なる。
さらに研究を進めるうち、桐林はこのウィルスに感染した植物から無数の矮小化体が生まれるところを偶然目撃してしまう。
これは何だ?こんなものが存在することが許されるのか?
明らかになっていく事実が桐原を追い詰めていく。
こんなものが、この世界に存在することが許されるのか…?
だが桐原の思いとは裏腹に、AIWと名付けられたこのウィルスは話題を呼び、研究は熱狂と拡大の一途をたどる…

ちょうどこの時期、生徒の間ではある2つの噂が広まっていた。
ひとつはミニチュアサイズのネズミのような生物が構内に出現したというもの。
もうひとつは、学内で頻発する女子学生の連続失踪事件についてのものだった。


ミナミカワは困惑していた。より正確にいえば、恐怖していた。
ミナミカワはいま、同じスーパーに勤めるマツナガの家に来ていた。
恐怖の原因はマツナガではない。確かにこの男はどこか異様なところがあるけれど、それでも目の前にいる【なにか】よりはずっとましだ。
目の前にいたのは少女の人形…人形だと思っていた。
―動いている。まるで、普通の人間を縮小したような。
「生きものなんですよ、これは。人に似てるけど、人じゃない。別の生きものなんだ」
「嘘」
嘘だ。こんな生きものがいるはずがない。
「ほんとですよ。喋らないし、たぶん知能も低い」
マツナガが目の前のそれに人形の服を着せる。着替えが終わると、それはあちこちを走り回り始めた。
「僕は……僕はですね。むかしから小さい女の人が好きだったんです。机の上に載るような、小さい女の人」
マツナガはそう語る。
ありえない、絶対に。
だが、マツナガにうながされて触ったそれの感触は―リアルだった。

その日から、ミナミカワはときどきマツナガの家を訪れるようになっていた。
あるとき、あの小さな人間モドキが近づいてきて、ミナミカワの手の甲を舐めた。
―一瞬、ぬるっとした。表面が、じゃなくて、中が。皮膚の内側にぬるっとしたなにかが這ったような気がした。

それからだ。ミナミカワの身体から、小さな人間モドキが出てくるようになったのは。
理解不能な言葉を話す【それ】は、ミナミカワと全く同じ顔をしていた。


カメイは困惑していた。より正確にいえば、恐怖していた。
カメイを悩ませていたのは自分の夫だった。最近はマンションの部屋に帰ると、いつも仕事や私への愚痴をこぼし続けている。会話をしようとしても、すぐに不機嫌になってしまう。
カメイは家にいる間、ずっと緊張していた。夫がなんなのか、わからなかった。
―昔はこんなんじゃなかった。こうなったのは、夫が保険会社に勤めるようになってからだ。
夫の収入は安定し、私たちの生活は豊かになったけど、私は幸せじゃなくなっていった。
相談できるのは、同じスーパーに勤めるカホちゃんだけだった。

暴れた夫に痛めつけられたリカちゃん人形を拾い上げる。カメイはまるで、自分が痛めつけられたように感じていた。
このリカちゃん人形は特別なものだ。自分が「藤谷あみ」という名で子役をしていたころ、記念に作ってもらったものだった。

小学校の頃はよかった。あの暑い夏の日。みんなと一緒に帰った帰り道。蝉の声。
友達のなかでも、子役であるあみは特別視されていた。
輝いていた。あのころは。

戻りたい。小さかったあのころに。


AIW。はじめてあのサイトを見たのはいつだっただろう。夫が眠ったあと、ネットであちこちのサイトを回っていて、偶然その画像を見つけた。
人間の手につかまれている小さな女。女の写真と手の写真をコラージュしているのだろうが、影や細かいところまで信じられないくらいうまく作りこまれていて、ほんとに小さい女が存在しているみたいだった。
サイトのなかには、いくつもそういう画像があった。shhrink girl―縮む女。どうやら、世の中にはそういう趣味の人たちが存在しているらしい。
画像を番号順に眺めて、最新の画像を開いたとき、ずきん、と心臓がつかまれたみたいになった。
この顔は……小学生のころのわたしだ。

わたしは子役だったころ、『科学レスキュー911』という特撮に出演したことがある。
「縮小美少女アミの悲劇」と題されたその回で、わたしは、いや藤谷あみは、変な薬のせいで小さくなる女の子を演じた。
アミは謎の工場にあった薬を飲み、リカちゃん人形くらいの大きさになる。偶然通りかかった男が小さくなったアミを拾い、家に連れ帰る。男はアミを溺愛し、アミが小さくなった原因の薬を手に入れ、アミのために動物や人間を縮小し、アミを女王にした国を作ろうとする。
最後、男は捕まりそうになり、アミを守ろうとして死んでしまう。アミは科学レスキューの力で元の大きさに戻ってめでたし、という内容だった。
わたしのリカちゃんはそのときの記念なのだ。小さくなったアミは、ちょうどリカちゃん人形と同じくらいの大きさだった。それで、現場のスタッフがアミと同じ衣装を作りリカちゃん人形に着せてプレゼントしてくれた。

わたしは毎晩AIWのサイトを見るようになった。
画像を眺めているうちに、自分がその画像にはいりこんだみたいになって、身体の芯がぼわぁっと熱くなった。
知らない部屋で変な薬を飲まされて、わたしはだんだん小さくなっていく。目がぐるぐる回り、なにもかもがどんどん巨大になっていく。
いつのまにか、指がキーを叩いて、勝手に物語を作りはじめていた。
自分で小説を書き、「藤谷あみ」という筆名でAIWに投稿するようになっていた。
そのうち、AIWと私はコラボレーションして作品を作るようになった。AIWが作った画像に合わせ、わたしが物語をつける。
タイトルは―「アミの小部屋」。『科学レスキュー911』のアミの回のサイドストーリーで、ドラマのなかでは描かれなかった、男とアミの生活を描いたものだ。
楽しくてたまらなかった。毎晩何時間もパソコンに向かって物語を書き続けていた。キーを打っているときだけ、身体の感触から離れられた。
つらいことに満ちた、現実を忘れることができた。

戻りたい。小さかったあのころに。

続きを読む»

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。