スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい発見、新しい感動

らき☆すた ポケットとらべら~ず/漫画 あかりりゅりゅ羽 原作 美水かがみ

こなたの部屋で一晩明かしたかがみたち。目を覚ますと体がちっちゃくなっちゃって!?超大人気の「らき☆すた」の、知られざる事件がここに登場。こなたたちのサイズアップの旅がはじまるぞ♪
(以上、カドカワオフシャルストアより全文抜粋)


「ねえ見て見て~こんなに大きなぬいぐるみ私初めて~」
「おーー、すごいねつかさ~でっかいじゃん」
「とてもかわいいですね」
大きなクマのぬいぐるみを抱えてはしゃぐつかさ。一緒になって喜ぶこなたとみゆき。
「あーちょっと待ちなさいあんたたち…」
「ん?どしたのかがみ?」
一方、かがみだけは深刻な顔をしている。なぜなら―
「ひと~つ大きな間違いがあるから訂正するけど…そのぬいぐるみが大きいんじゃなくって――…」

「私たちが、小さいのーーっ!!」

そう。ここはこなたの部屋。テーブルの下の僅かな空間に、小さくなった4人がいた。


なにが原因だったかなんて、誰にも分からない。少なくとも前日の夜、4人がこなたの部屋にいたときはなにもかもがいつも通りだった。
「家に泊まりにこいだなんて急に言い出したかと思ったら、買い物の荷物運びさせるのが目的じゃない」
かがみが愚痴をこぼす。かがみ・つかさ・みゆきの3人は、オタク趣味のこなたにつきあわされて、本やら食玩やらを大量に運ばされていたのだ。
中でも本日最大の戦利品とやらは、ある限定生産のフィギュア。『男女ペアで揃うと幸福を呼んで願いが叶う』といううわさがあるほどのレアものをこなたは手に入れ、ついにそのペアが揃ったのだ。
「さあさっみなさん、今日は疲れたでしょー、こちらへ来て二人の再会にカンパイしようじゃありませんか♪」
お菓子とジュースで簡単なパーティの準備をするこなた。
―いつも通りだった。このときまでは…

「お姉ちゃん、コレ美味しいよ~」
「あ~、ゴメン、ダイエット中……体重減るまでお菓子はいいわ……」
つかさとかがみの他愛もない会話。そんな楽し気なパーティの最中でも、つかさはフィギュアの手入れをしていた。
「こなちゃんのフィギュアってかわいい服が多いよね。いいな~私もそんな服着てみたいな~」
「つかさ!ダメよめったなこと言っちゃ!そのひと言でそっちの世界へいっちゃった人が何人もいるんだから!」
楽しいパーティだったのだけど…例のフィギュアを手入れしていたつかさが不意に呟いた。

「……ない。」
「はい?」
「パーツがなあああーーい!!」
叫ぶこなた。「捜して!」のひと言でパーティは急遽中断され、4人は無くなったフィギュアのパーツを捜す羽目に。

ところが、部屋のどこを捜しても件のパーツは見つからない。ベッドの下、本棚の陰、だいたい落ちてそうな場所は見たんだけど…
「ゆきちゃーん、そっちはどう~?」
「う~ん、それらしいものは見当たりませんね」
みゆきはそう言って目をこする。
「と言いますか、最近視力がまた落ちたらしく、細かいものはよく見えなくて」
「わ、大変だね~」
「はい、文字とかも小さいとちょっと…」
ポツ、と水滴が窓を叩いた。
「あ…雨だ…」
静かに降り出した雨はそのまま勢いを強めていく。
「雨の音って聞いてると眠くなってくる――…今日、たくさん歩いたから疲れちゃったし…」
うとうとし始めるつかさ。それはほかの3人も同じだった。
不思議なほどの眠気があたりに立ち込めて、4人はそのまま床に倒れこむようにして眠って行った―


そして話は冒頭に戻る。
そう。雨が上がって朝になり、4人が目覚めたときにはもう、制服ごと小さくなっていた―
慌てるかがみ。のんきな3人。とりあえず携帯で連絡を取ろうとするも、その携帯はテーブルの上。とても今のかがみ達が届く高さじゃない。
どうしようか、と悩んでいるとき、偶然にも部屋の扉をノックする音が聞こえた。

「お姉ちゃーん」
コンコン、とノックをしたのはゆたかだ。誰の返事も無いことに疑問を持ちつつも部屋に入って、さらに困惑することになる。
「あれ?いないのかな?」
「おーい、ゆうちゃーん」
なぜか足下から声がする。下の方を見ると…
「やほ~~」
小さいこなたが手を振っている。
「あ、なーんだ、お姉ちゃんたちいたんだね。こんな低い所に……」
何事もないように対応しているゆたかに見えたけど―そのまま、ふらっと意識を失った。
「わーーっ、ウソ~!?」
「た、倒れちゃったよ?」
「あ~、ゆうちゃんのスペックじゃ分析できなかったか~」
「驚かせてしまったようですね……」


その後、ゆたかが目を覚まして小さくなった4人の世話をすることになったのだけど…小さくなってもこなたはこなただった。
今日発売の限定版のゲームを買うため、ゆたかに手伝って貰うことにしたのだ。もちろん4人もついてきている。見つからないように、バッグの中に隠れているけど。
ところがゆたかは、こなたのワガママで好き勝手連れ回されたせいで突然路上にへたり込んでしまう。もともと体が強いほうではないのだ。
そんな非常事態にもかかわらず、当のこなたはバッグにはいなかった。というより、つかさもいない。
またもや焦るかがみ。そんなとき、座り込んでいたゆたかに声を掛けたのは…
「…ゆたか?」
「?」
みなみだった。

その頃、バッグを抜け出したこなたとつかさは、ゲームセンターのクレーンゲームのところにいた。正確にはクレーンゲームの『中』だ。
「そう!あのアームがスッカスカでぜんぜん景品が取れないクレーンゲーム!!でもなんと!この姿なら中に入って取り放題じゃん!!」
テンション高くつかさに手伝わせるこなた。一回取るごとに100円入れると言ってるけど…大丈夫かな?
―もちろん大丈夫なんかじゃなかった。ちょうどこなたが取ろうとしたぬいぐるみを、誰かがクレーンを動かして掴んだのだ!逃げることもできず、景品取り出し口に落ちるこなたとぬいぐるみ。つかさが巻き添えをくらって下敷きになったけど、そんなことよりこのままでは見つかってしまう!
「わー、なんか結構簡単に取れたッスね~♪」
「ひよりの腕がイイんデスね♪」
「あはは、運ッスよ運♪アームの力も強かったみたいだし――…」
景品取り出し口を開けたパティとひよりは…
「は?」
…そこにいた小さなつかさを見て固まった。


偶然に偶然が重なり奇跡的に知人に助け出された4人は、一晩明けてみなみの家に来ていた。今後のことを話し合うためだ。
と言っても、小さくなった原因すら分からないのだから対策のしようが無い。その間にも、みなみのとこでも好き勝手しようとするこなたがパティにビン詰めにされたり、つかさが犬のチェリーに連れ去られたりといった小さなトラブルはあったのだけど、とりあえずはみんな無事だ。
服が汚れたつかさはかわいそうだけど、小さくなった服も制服しかないからどうしようもないし…

「わー、メガネも小さいっスねー」
「ええ、不思議ですよね」
「見てもいいっスか?」
ひよりは今更ながら、みゆきのメガネに興味を持ったようだ。みゆきはそのままメガネをひよりに渡してしまうけど、どうせまわりの物はみんな大きいのだからメガネなんて必要ない。
「身体小さいと、逆に字が大きくなるからそのままでいいんじゃない?」
「うふふ、そうかもしれませんね」
ビン越しにこなたが話しかけてくる。いまならビンに貼られたラベルの文字もくっきりと読める。

「確かにまわりの物すべてが大きくなるわけですから、これだとメガネなしでも字が読めますね」

みゆきがそう呟いた瞬間。ドクン、と心臓が跳ねるのを感じた。そのままボゥンッと音がして―

「………は、はあああ!?みゆき、なんで元に戻ったのー!?」

続きを読む»

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。