スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

切り取られた世界

1/12の冒険/著・マリアン=マローン 訳・橋本 恵 イラスト・佐竹 美保

アメリカのシカゴ美術館には、子供にも大人にも大人気の展示がある。実物の12分の1の大きさで作られた、68部屋のソーン・ミニチュアルームだ。
細部まで完璧に再現された豪華なミニチュアルームにあこがれるルーシーとジャックは、その中へ入っていける魔法の鍵を手に入れ、思いがけない冒険をすることに……。

(以上、カバー裏あらすじより全文抜粋)


ルーシーには自分だけの部屋が無い。ひとりきりで考えごとができる空間が無い。
原因は姉のクレアだ。ルーシーとクレアが一緒に使っている部屋は、クレアの大学進学のための資料やらスポーツ用品やら服やら、ありとあらゆるもので埋め尽くされている。ほとんどクレアの空間って言ってもいいくらい。
―断っておくけど、クレアはやさしい。ルーシーの知っているどんなお姉さんよりも意地悪じゃない。だけど、こうも自分だけの空間が無いのはルーシーにとって苦痛だった。クレアが大学に進学して家を出るまで、ルーシーだけの部屋がもらえるまで…あと2年近くもある。

だからかもしれない。ルーシーがソーン・ミニチュアルームに夢中になったのは。

その日、ルーシーは社会科見学の一環としてシカゴ美術館に来ていた。ルーシーの大親友のジャック、その母親のリディアが見学ツアーの案内人だ。リディアは画家で、芸術家や美術館には顔が効くのだ。
ジャックはルーシーと正反対の性格だった。とにかく自由で発想力があって、でも頭はとびきり良い。ルーシーが通う小学校6年生のクラスで、奨学金をもらっているのはルーシーとジャックだけだ。…でも、リディアは最近仕事が少ないせいか、ジャックも少しずつ貧乏な生活を強いられているみたい。教師の両親のおかげで経済的には問題無いけど自由が少ないルーシーと、母親の仕事は安定してないけどなにもかも自由なジャック。二人の性格は互いを補うように、相性ぴったりだった。
思ったより楽しい社会科見学が終わりごほうびとして自由時間が与えられると、みんなソーン・ミニチュアルームへとまっしぐらだ。ルーシーは初めてこの不思議な空間に足を踏み入れて―魔法にかかった。
目の前に広がるその小さな空間に、ルーシーは完全に心を奪われていた。せいぜい靴箱2つか3つ分くらいの小さな部屋。だけどそこには、ルーシーがずっと夢見ていた素敵な68の部屋がきらびやかな光を放っていた。あまりにも精巧なミニチュア、品のいい調度品、窓の向こうに描かれた風景―どれもかつて人が住んでいた部屋を模して作られたものだ。

E-17、16世紀後期のフランスのベッドルームを見つめながら、ルーシーはうっとりしていた。あの背の高い天蓋付きのベッドは、どんな女の子が寝ていたの?どんな寝心地なんだろう?いま、この瞬間をひとりきりで味わいたい。ああ、この中のどこかの部屋に住めたらいいのに――!


だけど社会科見学の後、ジャックがルーシーにある不思議なものを見せてくれた。'C'と'M'の飾り文字が彫刻された金属の鍵―ジャックが美術館裏側の通路でこっそり拾ったものだ!この鍵がなんなのか、全く見当もつかない。でも貴重品だとしたら…もう一度美術館に行かなくちゃ!

翌日、ふたたび美術館に来たルーシーとジャックは、あのミニチュアルームに来ていた。ジャックが言うには、鍵を拾った展示裏側の廊下に秘密がある、ということだ。そんなの根拠もなにもないのだけど、偶然にも裏手に通じるドアには鍵がかかっていなかった。ルーシーは好奇心に負け、周りの人の目を盗んで裏の廊下に潜入することにした。
…裏側にはなにもなかった。ミニチュアルームをメンテナンスするためなのか、裏側には表から見えないような位置に穴が開いていたり、箱に入ったミニチュアルームをつなぐ下枠があって…それだけ。
「鍵がはまりそうなところ、あったか?」
「もう一度、鍵を見せて」
ジャックがルーシーに鍵を渡した。ルーシーが鍵を触るのはこれが初めてだったけど―そのとき、なにかが起こった。
そよ風が吹いているかのように髪がなびく。靴が、服が少しずつ大きくなっていくような感覚があって―あわてて鍵を手放した。すぐに不思議な感覚は収まって、ジャックの目線はルーシーと同じ位置にある。…さっきはもっと上に見えていた!

この鍵にはなにかがある。ジャックが触れてもなにも起きないけど、ルーシーが触れたときにはなにかが―『魔法』が生まれている!ルーシーはちょっとだけ躊躇したあとで、今度はしっかりと鍵を握りしめた。
そよ風の感覚。ジャックが大きくなって、部屋がのびていく。服がぶかぶかになって、すぐにシュッと身体にフィットする。そんなことが何回か繰り返されて―変化が止まった。

ルーシーの身体は、13 cmに縮んでいた。元の身長の1/12―ミニチュアルームにぴったりの大きさに!

もうルーシーの好奇心は止まらなかった。こんなに心臓がドキドキしたことはない。
鍵を離せば元の大きさに戻れることを知ったルーシーはもう一度小さくなって、トランポリンみたいなジャックの手のひらに乗せてもらい、ついに裏側からミニチュアルームに入り込むことに成功した。昨日見たあの素敵なフランスの部屋―E17の部屋に!見物客の視線を盗んで入ったそこは―幻想の世界だった。
まるでおとぎ話に出てくるような素敵な部屋は、いまのルーシーの大きさにぴったりの大きさ!暖炉や彫刻、針編み刺繍まですべて当時のフランスのもの。なかでも目を引いたのは、昨日見た巨大な―13 cmの少女にとっては巨大な―天蓋付きのベッド!ダメ、もう、がまんできない!シルクのカバーに指を滑らせて、靴の汚れがつかないように足を上げ枕に頭を乗せる。うっとりするくらいにふかふか―。
「ママ、ママ、来て!見て!ちっちゃな人がいる!」
ガラスの向こうで声がした。見ると、6歳くらいの女の子がこっちを指さしている。ルーシーはその子が顔をそむけている隙にこっそり抜け出して…もとの通路に戻ってきた。

あともう一部屋だけ見てその日は帰ってきた。だけど、ルーシーもジャックもこの鍵の不思議な力がなんなのか、知りたくてしょうがなかった。だからもう一度、きちんと計画を立てて美術館に忍び込むことを決めたんだ。決行はルーシーの両親が出掛けて、クレアもいない日。
その土曜日の夜、ジャックの知恵でいろんな人に嘘をついて、裏の廊下に通じるドアの合鍵まで作って、二人はまたあの美術館の裏側に来ていた。

そこでまず分かったのは、ルーシーが縮むときにはルーシーの触れているものも一緒に小さくなるということ。服も、靴も、小物も。手を繋いでいれば、ジャックだって小さくなれる。戻るときも同じで、鍵を手放した時にジャックと手を繋いでいれば一緒に大きくなるし、もちろんルーシーだけ大きくなることもできる。そしてその魔法が効く範囲は、この美術館のあるエリアだけ―


二人は1/12のミニチュア世界を冒険するにつれ、いろんな不思議に出会う。小さくても演奏できる楽器や細部まで正確な模型など、あまりにも【精巧に作られ過ぎた】ミニチュアの謎。ミニチュアルームに本来あるはずのない、現代のものと思われる小さな鉛筆。ミニチュアルームの外に広がっていた当時の世界、そこで生活している人々―ルーシーとジャックは時空を超えていろんな時代の人と出会い、干渉していく。

ソーン・ミニチュアルームと鍵に秘められた『魔法』の正体を探し求め、夜の美術館で小さな冒険が繰り広げられる―!

続きを読む»

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。