スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしぎなおやど

このはな綺譚 2/天乃咲哉
一寸さつき

あの世とこの世の間にある、様々なひとが行き交う宿場町。「此花亭」は、その町の高台に建つ温泉宿です。
仲居はみな、10~17歳ぐらいの少女の姿をした狐ばかり。「狐は神の遣い」ともいうため、此花亭には神さまもお泊りになります。
お客は神さまだけではなく、迷い込んでしまった人間や、人ならざる物も…

それでも仲居たちの想いはひとつ。
「正体が何でも、どなたさまでも、お客さまは神さまです。」
もちろん、いま目の前におられる、あなたも…。

(以上、公式サイトより全文抜粋)


此花亭。この格式高いお宿には、いろんな方がお泊りになられます。
宿場町に住んでいる方、はるばる遠くからいらした方、長期間逗留していらっしゃる方―人間に動物、神様、なんと呼んでいいのか分からない方まで、実に様々な方がこの温泉宿を訪れます。
柚はこのお宿で働く新人中居の子狐です。もともとは人間の尼さんに拾われて育ったため、狐同士の勝手は少し疎いところがあります。ましてやったこともない中居の経験なんて!

それでも柚は、暖かい屋敷の皆さんや、先輩中居の皐ちゃんに助けられて一生懸命にお仕事を頑張っています。
―ですがある日、その皐ちゃんが働けなくなる出来事があったのです。


秋を少し過ぎた頃のことでした。祝言が続いていた時期で、皐ちゃんも夜通し宴会の担当をなさっておいででした。
柚もねずみの親方の付き人をしていました。といっても親方はねずみの大きさではなく、柚と変わらない背丈まで大きくなっていました。身体を大きくする薬を飲んだのです。…さすがにそのままの大きさでは猫の祝言には出られませんからね。

「あとァこれで小さくなる薬を飲めば元通りって寸法ヨ」
そう言う親方と柚は、薬が置いてある待合い室に入ります。
ですが、そこにはなぜか皐ちゃんの着物が畳に広がっていて…
―いえ、着物の中になにか小さな…?

「茶菓子と間違えて小さくなる薬食べちゃったって!?ばっかだな~!!」
先輩中居の棗ちゃんが笑います。皐ちゃんはお人形さんくらいに小さくなって、私たちの前に座っています。
…本当は柚が十分に説明をしなかったのがいけなかったのです。
おまけに薬の余分がないので、しばらくはこのままだそうで…
小さくなった皐ちゃんは、蓮ちゃんに縫ってもらった洋服を着て(本当にお人形さんみたいです)なんとか体裁は整いましたが…ひとつ重大な問題が。
「でも参ったな~皐に休まれると仕事にならないのよね~」
そうなのです。中居頭の桐ちゃんがおっしゃる通り、経験豊富な皐ちゃんがいないとお宿のお仕事が回らないのです。
ですが、真面目な皐ちゃんは別の中居と組んで指示を出すと言いだしました。…確かにこの大きさなら頭や肩に乗って指示を出すことはできます。
ためしに棗ちゃんと皐ちゃんが組んでお仕事をしてみたのですが、その…堅物で細かいところのある皐ちゃんと、明るく無神経な棗ちゃんでは相性が悪かったようです。

そんなわけで、皐ちゃんは柚の肩に乗ってお仕事の指示をすることになりました。
身体の大きさは違うものの、皐ちゃんはいつも通りテキパキと指示を出しています。
「柚!ご予約のお客様だ。出迎えるぞ」
「あ…はい!」
さっそくお客様です。皐ちゃんも柚の肩の上からご挨拶をします。
…ですが柚はその方の格好を見るなり、皐ちゃんの指示を待たずにお客様に声をかけたのです。

「あの…お客様!お疲れのようですし、良ければ足湯をご用意致します!」
そう言うなり、柚はお客様を綺麗な景色が見える庭へとお連れして、手際よくおもてなしの準備を整えました。
皐ちゃんが気づかないようなことも丁寧に対応する柚。お客様もとても満足そう。
―皐ちゃんが肩の上から見たそんな柚の姿は、昔のドジで未熟な柚ではなくて―


「皐ちゃん、次のご指示は?」
「……いや。もう…指示することはないよ」

続きを読む»

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。