スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

の~みそコネコネ

とっても!ぷよぷよ 2巻/たちばな真末

宝箱をあけよ! パート1

アルルとカーくんは、冒険(?)の末についに呪文の入った宝箱を見つけた。この村で覚える呪文はこれが、最後!
ところが、この前キキーモラちゃんにとりついていたヘンタイ幼児・デビルくんが邪魔をしてきた!といっても、なにか語りだした隙に宝箱ごと持ち出しちゃったけど…ここにいたってことは、なにか宝箱にイタズラでもしたのかな?

さっそく外で宝箱を開けてみるアルル。わくわくしながら中を見てみると―入っていたのは一回り小さい宝箱!?その宝箱を開けるとさらに小さい宝箱がはいっていて、その中にはさらにさらに小さい宝箱が、その中にはさらにさらにさらに…
「どうした?アルル」
そんなこんなで宝箱を開け続けていたアルルの前に現れたのは、サタンさまとその部下たち。あ、ちょうどいいところに来た!
「ねえ…コレ、あけられない?」
取り出したのは、手の平にちまっと乗るほどの大きさのとっても小さな宝箱。もう小さすぎて、アルルには開けられなくなってしまったのだ。
「オイラが!」「わしが!」「あたしが!」「わたしがーっ!」
ところが、みんな一気に押し寄せたおかげでちっちゃな宝箱は手から転がり落ちて、川に流されちゃった!
ああっ!どこいったか小さすぎてわかんない~!!

「わたしにまかせろ!」
そう言ってサタン様が取り出したのは…ちいさなゾウ?
「こんな時は……われわれも小さくなってさがせばいいのだ!」
「なーるほど!」
さっそく、その「手のりゾウ」に乗り込んで、ナスグレイプよりも小さくなったアルルとサタンさま。小さくなった分、ちっちゃなものも見えるようになったから、いかだに乗って宝箱をいざ追跡!

ところが順調に宝箱に近づいていたとき、冬眠していたのほほが水中から突然現れて、寝ぼけていかだを跳ね上げちゃった!サタンさまの部下とカーくんはなんともなかったけど、小さくなったアルルとサタンさまはそのまま宝箱と一緒に飛ばされていく。スケルトンTがなんとか虫取り網でキャッチしようとするけど、今度はすけとうだらとうろこさかなびとの踊りに巻き込まれて、またしてもどこかへと飛んでってしまう。

そうして落っこちたのは、ふたごのケットシーが過ごすみかん箱の中!
「おもちゃだにゃん!」「おもちゃだにゃん!」
飛んできたアルルとサタンさま、それに宝箱。ネコのケットシーたちには小さなおもちゃとして見られてるみたい。でも二人は、自分たちよりもはるかに大きなネコたちにじゃれつかれ、遊んでいるなんてものじゃないよぉ!
「こら~~、じゃれるな~~!!」「はひゃ~~。」
そんな中、宝箱はケットシーたちがツメで強く弾かれたせいでまたまたどこかへと飛んでいってしまい…
今回はてんとう虫コミックスから。小学館の学年誌で連載されていた、「ぷよぷよ」シリーズの子供向けコミカライズ。全6巻。1995年から、2000年頃まで連載されていた。

ぷよぷよシリーズはコンパイルが消滅した後も含めて結構な数の作品があるが、連載の時期的にはちょうど「ぷよぷよSUN」が発売されたあたりで、2巻の登場人物は「ぷよぷよ通」からが多い。一部オリジナルのキャラクターや独自設定があるものの、基本的にはゲームの設定に忠実な印象。
もともとがライトでポップな絵柄の軽いノリのゲームだったためか、子供向けになってもあまり違和感が無い。もちろん、「魔導物語」で見られたようなグロ要素は無いのでご安心を。
絵柄はポップだが、割と原作に近い絵柄。アルルやサタンさまも含め、等身が低めに描かれているおかげで少し幼く見えるかな。

学年誌の中でも低年齢層を意識して作られたのか、ストーリーは常に単純明快(か、あってないようなもの)。ギャグマンガの要素が強いので、大抵はその場のノリで解決するかる~い作品デス。
この話も小さくなるとはいえ、それによってなにか危険にさらされたりするような話ではない。「ちっちゃな宝箱を探す」という目的のために自ら小さくなったが、意に反して周囲に翻弄されるという流れが本筋だろう。
最後には宝箱ごとクジラに丸呑みされるけど、クジラの潮吹きと一緒に出てくるあたりがなんともてんコミらしい展開。
小さくなって大冒険!という感じはあまりないけど、サラッと読める作品といったところかな。


ちなみに、同じてんとう虫コミックスで名前が似ている作品として、「とっても!ミニモニ。」というものもある。作者はこやま ゆき 先生。間違える人はいないと思うけど、まあ一応。
こちらは当時(2000年頃)流行っていたミニモニ。の公式コミカライズ作品。全5巻。
メンバーが小さくなる話もいくつかあるけど…正直あまり詳しくないので割愛しますデス。
なお、「とっても!ミニモニ。」でsw要素がある話が収録されているのは、扉絵を除くと1巻と3巻と5巻…って結構多いな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。