スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッター抜粋 2014年1月~7月

ツイッターで呟いたり戴いたりした情報のまとめ。一部、不確実な情報も含まれます、ごめんなさい。
ものによっては、そのうち独立記事にするかも。

(以下、折りたたみ)
<絶版マンガ図書館 関連>
現在入手が困難な作品について、オンラインで無料閲覧できるサービス「絶版マンガ図書館」。
会員登録が必要だけど、それこそ古本屋でも手に入らないような貴重な作品が揃っています。
情報提供があったものと、私のほうで確認できたのは以下の作品。他にもあるはずだけど…
絶版マンガ図書館:http://www.zeppan.com/

・まもれ!!亜織ちゃん/西川 伸司
 天才科学者の兄二人を持つ少女・亜織は、兄達の発明合戦のとばっちりを喰らって恋人の巻添が巨大化する展開に。だが、突如現れた謎の美女・沙織に縮小光線を浴びせられ、巻添は普通の大きさに、亜織は小さくなってしまう。
 ギャグ漫画らしいギャグ漫画。巻添も結局小さくなったり、沙織も巨大化したり。というか、途中の展開から発明品はすべて巨大化光線銃と縮小光線銃でなんとかするという投げっぷりが素敵。

・バラえもん/まつもと千春
 巨乳のいじめっ子・ふさえに仕返しする為にバラえもんから「ミニミニ吹き矢」を借りたあゆみ。だが、誤って自分に吹き矢を当ててしまい、1/8の大きさに。しかも悪いことにふさえ達に捕まってしまって…
 ギャグなのかエロなのか判断がつかない、というか、どうにもコメントがしづらいのデスがこれ…一応女体化あり。

・That’s!イズミコ/大野 安之 4巻
 謎の銃でゆーこが1/3サイズになり、ネコ耳が。…話の内容は、全く理解できませんでした、はい。

・MORUMO 1/10 あろひろし
 結末についてのネタバレになるけど、主人公のもるもが縮小娘。 …なんだけど、普通の人の10倍の身長があるから、一般的な認識は巨大娘なのかなあ。


・艦隊これくしょん‐艦これ‐コミックアラカルト 舞鶴鎮守府編 (2) たまにはこんな不具合も?/種田優太
 謎の不具合によって涼風が人形サイズに小さくなり、鎮守府の面々にお世話されることに。
 4コママンガ。解説をしようにも、残念ながら私は艦これが分からないのデス。でも買う。

・その割には、「らき☆すた ポケットとらべら~ず」とか「灼眼のシャナたん」とか「とある魔術のインデックスたん」とかも読んで無いや。

・私がアンソロジーや同人誌で縮小ネタを確認したのは、「月姫」「セーラームーン」「赤ずきんチャチャ」あたりかなぁ。…手元に本が無いから詳しいことが書けないデス。

・NHK教育でやってた「まみちゃんのふしぎな旅」、気になってはいるのだけど、見る手段が無いな…

・デモンベインにも縮小要素があるのデスか。ほほう…

・ラブホいこうよ 3巻/鬼ノ仁 Stay. 16「プラモの国の沙織ちゃん 巨乳編」
 徹夜で1/32スケールのプラモデルを完成させた沙織は、その夜自分が1/32になって作ったプラモに乗っている夢を見る…しかもなぜか大人の姿で。
 AP(加齢)の要素も少し混じる。巨大な姉とコミュニケーションを取ろうとしたり、1/6スケールのフィギュアに驚いたりと、結構見所は多い。ほのぼの系。ただ、縮小娘とプラモのどちらが主体の話かと聞かれると微妙。小人視点の描写は少なめかな。沙織は全裸にデカール貼り付けただけの恰好。

・ぷあぷあ? 4巻/コンノトヒロ
 お金持ちのお嬢様・サツキは開発中の新薬を誤って飲んでしまい小さくなってしまう。でもそのまま学校に向かうが…
 縮小化というか2頭身のマスコット化かな。丁度ぬいぐるみ程度の大きさ。一応野犬に襲われたり、クラスメイトの口の中に飛び込んだら誤飲されたりというシーンはある。むしろその後の幼稚園児2人のAPというか成人化のほうがなんか気合はいってる気がする…オチはささやかな巨大化。

・朝日新聞社の学習マンガ「サバイバル」シリーズ、科学マンガのお約束として縮小要素がかなり多い。いつか図書館で読もうと思ってはいるもののまだ読んでません…

・セクシートラベル/泉大八
 ある朝、サラリーマン・ノリ彦が目を覚ますと体がノミほどの大きさになってしまっていた。ノリ彦は巨大な妻とコミュニケーションが取れないことに愕然とするが、しばらくすると自分と同じ大きさの女性が現れて…
 あらすじを書くのも難しい話。縮小要素のほか、体内/胎内探検もあり。残念ながら未完。

・東方の同人誌で、「マリサブレ」「花喰虫」「レミリアサイズ」「COLLATERAL JUNKIE 2」「稗田阿求の憂鬱」「魔法使いと普通の世界」などを教えてもらう…が、東方もほとんど知らないのデス。「小悪魔で保健体育」とか、探せばかなりあるはずなんだけど、追いきれません…

・さんま/目黒三吉 ミクロマンレディーS
 三姉妹が机の上で目が覚めると、なぜか小さくなっていた。が、特に何も起こらず、何事も無かったかのように「身体が小さくなる話」についての議論が続く。最後には飼い猫のビートに…
 全4ページ。なんだこれ。好きだけど。あ、マンガは成人向けデスが、心底面白かったのでかなりオススメデス。ギャグがツボに入ればデスが。

・「ああっ女神さまっ」関係のサイズ回はいくつか確認したけど全貌が把握できず…「小っちゃいってことは便利だねっ」とかが有名かな?

・あずさ30cm/猫庭
 自分の胸にコンプレックスを持つあずささんがある日目を覚ますと小さくなっていて…
 タイトル通り。DLsiteで発売中デス。でも私、アイマスはよく知らな(強制終了)
 あずさ30cm/猫庭 http://dlsite.jp/howtw/RJ129728

・ソルモナージュの縮小イベントは結構オススメ。PCEだけあってグラフィックが凝ってる。
 主人公の男性ソニアと旅の少女パスタが小さくされて、部屋からの脱出を試みます。
 エンジンっ子のソル:モナージュ実況Part07 (27:03) http://nico.ms/sm7904372 小人化のイベントは15:30~。

・ニコニコ動画だとこれもか。元のゲームも体内侵入による治療を行うシナリオ…らしい。
  【第二次嘘m@s】春香さんが医者になるようです。【クリックメディック】 (21:40) nico.ms/sm10243242

・そういえば、BOF4を取り上げたときに過去作の話をするのを忘れていた。
 BOF1には小さくされてネズミと戦うイベントが、BOF2にはさらに小さくされて女王の体内で治療を行うイベントがありました。

・ダンジョンズ&シネステジア ~乙女の身体を攻略する勇者たち~
 …やってないデス。忘れてました…DLsite maniaxで販売中。
 ダンジョンズ&シネステジア ~乙女の身体を攻略する勇者たち~ [Ver.2.1]/モニスタラッシュ / a Matures http://dlsite.jp/mawtw/RJ130686

・らんま1/2の縮小回、最終話だったっけ…あかねが人形になる話。途中あたりにもあったけど。

・怒涛の最狂戦士 睡魔くん/中川 勝海
 登場人物の一人、アンドロイドのモンゼツがキスをスイッチとしてマスコットサイズに小さくなったり元に戻ったり。
 実はこれ、正確には縮小娘ではないデス。が、似たようなもの…かな?耽美系ギャグ。

・パチスロ「タイムレスキュー」のステージ1が、主人公が小さくされた「ミクロステージ」で、舞台が公園。主人公のウィンちゃんは7歳の女の子で、小さな身体のまま悪の科学者と戦います。
 …実際に確認できていません。この機種まだあるのかなぁ…?

・DLsite maniaxでこんなゲームが出ていました。ゲームというより、イラスト集に簡単なテキストがついた感じかな。バックグラウンドなどの説明は無く、個々のシチュもかなり短め。
 小さな女の子み~つけたっ!/ぬりこ。 http://dlsite.jp/mawtw/RJ131990
 もっと残酷なやつもありますが、その、私、グロいのは苦手でして…ごめんなさい。
 小さな女の子捕まえたっ!lite版/ぬりこ。 http://dlsite.jp/mawtw/RJ074075

・おもちゃじゃないもん!/一堂 ヒカル
 ひょんなことから幽体離脱して人形に憑依してしまった東條は、片思いの彼・武藤くんの元で世話になることに。20 cmの身体で憧れのカレの私生活を覗き見るけど、ちょっとHなトラブルが…?
 人形化に見せかけて、実は単なる小人化。かなり展開が早いけど、少女マンガ特有の甘さが。Hなトラブルといっても、武藤くんがピュア過ぎて…でもこういうのも好き。電子版もあります。
 おもちゃじゃないもん! - ニコニコ静画(電子書籍) http://nico.ms/bk195636

・姫ちゃんのリボン/水沢めぐみ
 姫子は未来の世界に行ったあと、身体の大きさを変えられるキャンディを貰う。以降はさまざまな場面で小さくなります。そのまま彼氏(?)の大地にこっそりついていったり、逆に妹の夢子に人形扱いされたり。アニメ化もされました。
 りぼんマスコットコミックス版だと何巻か忘れたけど、文庫版だと4巻と5巻。5巻のラストでは一気に数粒飲んでアリくらいの大きさになり、そのまま鍵穴を通り抜けようとするシーンもあったりして、かなり良い。オススメ。

・ミクロピア/ソバスキ タロー
 砂粒ほどに小さくなってしまった少女が、アリと人間の共存都市を探訪するSFファンタジー。(帯より抜粋)
 なんというか、学習教材の延長みたいな感じの小説デス。身長0.6 mmに小さくなってからすぐにオーバーテクノロジーを持つ文明に保護されるため、ほとんどピンチには陥らない展開。とはいえ、自分の乗っているキャビンがメジロの雛に襲われるなど、なかなか目を瞠るシーンも。

・ヤンキーフィギュアは昔集めていたのデスが、今は手元に無いのデス…実は僅かながら巨大娘の要素もあった…はず。

・人間人形の逆襲、リメイクしないかなあ…

・常盤薬品のラピスと、東京ディズニーランドのミクロアドベンチャーのcmはいまだに探し続けてる。記憶している限りでは縮小シチュがあったはずなんだけど。

・LuckyGray/馬波平
 恋人の陳平よりも背が高いことを気にしている愛瀬は、発明家のおじいちゃんより身体を小さくする腕輪を渡される。ところが腕輪の効果は予想以上に強く…
 R-18。DL-site maniaxで販売されるようになりました。縮小女性×一般男性の作品でも傑作の部類だと思います。最後に巨大化するのはお約束(?)。
 LuckyGray/モエールオンライン http://dlsite.jp/bowtw/BJ007858

・QuinRoseのアリスシリーズはいつかまとめなくちゃいけないと思うけど、記事にするのも難しいな…乙女向けだし…

・乙女向けといえば、昔GBA版の不思議の国のアンジェリークもプレイしたんだった。ワゴンで投売りされてたから。 ほんの一瞬小さくなるシーンがあると聞いて買ったら、ホントに一瞬だけだったという…

・機巧少女は傷つかない 7/海冬レイジ
 シャルロットが人形サイズに小さくなる。ラノベらしいラノベ。作中で小さくなっている期間が結構長いし、その描写もなかなか。挿絵も数点アリ。シチュエーションもハチミツまみれだとか、牛乳風呂で溺れたりだとか、ツボを押さえていて素晴らしい。
 …素晴らしいんだけど、世界観が結構複雑な上に登場人物がかなり多いので、7巻だけ読むとバックグラウンドが掴みにくいのが難点か。いや、普通に最初から読めば済む話なんだけど。コミックス版やアニメ版は未確認。

・不思議の国のアリスの映像化は数多くあるけれど、Nick Willing監督版は傑作と言っていい出来だと思う。特に、通常はカットされることが多い「大きな仔犬」のシーンが最高デス。

・ケロロ軍曹は縮小回が多すぎて追いきれません。ただ、ドラマCDの「夏美 1/18計画であります」は持ってる。

・その割には、同じドラマCDの「ギャラクシーエンジェルでSHINE!」はまだ手に入れてなかったり…

・ビックリマン2000の28話「アパ帯刀天は歯が命? のウワサ」は、アパ帯刀天がタケルたちとともに小さくなって、虫歯になったポーチの口の中で敵と戦うという美味しい内容。しかも敵側も小さくなって、うっかりポーチに飲み込まれそうになったり。

・南国アイスホッケー部/久米田康治
 何度か縮小回があるが、中盤でヒロインのそあらが小さくなる回があったはず。10巻の「ミクロの決チン隊」だったかな?ストレートな下ネタなので、苦手な人は注意。

・ヤダモンの「ブローチのいじわる!?」は、主人公の少女ヤダモンが魔法の暴走のせいでブローチに閉じ込められる話。
 ちなみに、「大きくなあれ!」では妖精のタイモンが巨大化。

・ボンバーマンジェッターズの29話「大きな星のメロディ」、正確には縮小娘じゃないのだけど、ガリバーの巨人の国みたいな擬似縮小娘。人間の女の子のシャウトがネコに襲われたり、そのまま巨人の女の子に助けられたり。

・PSP版『涼宮ハルヒの追想』のイベント・「ミニマムな夜」で、キョンの妹が小さくなるイラストが(「手乗りシスター」)。シャミセンに跨って手を振るキョンの妹。うーん、夢オチかぁ。 攻略対象でもなさそうだし、単発のイベントみたい。ちょっと残念。
 ちなみに、前作・涼宮ハルヒの約束の妹エンドだと妹が巨大化するシーンがある。こちらも夢オチ。
 内容は…このゲーム自体が初ハルヒだったので、十分に理解できてないのデス…

・実写版の縮小娘はあまり扱ってないけど、ドラマだとコワイ童話 親ゆび姫が1999年、南君1期が1990年、2期が1994年、特別編が1995年。ビデオだと「悪魔をやっつけろ!(1990年)」「テレビの国のアリス(1986年)」が、それぞれ宮沢りえと後藤久美子が主役のファンタジー。特撮だと、「超新星フラッシュマン(1986年)」「救急戦隊ゴーゴーファイブ(1999年)」…このあたりかな。あとは…ウルトラQの1/8計画とか?

・まじもじるるも-放課後の魔法中学生/渡辺 航 (月刊少年シリウス)
 新魔法システムの実験を行おうとする、ルシカ/スラガ/モモヒメの3人。結界の中でそれぞれ移動・飛翔・時間停止の魔法を発動させるが、事故により別のどこかへ飛ばされてしまう。飛ばされた先で見たのはなぜか巨大なネコの使い魔・チロと、さらに巨大な見覚えのある男。3人は柴木耕太が高校生だった「過去」の時代に小さくなって飛ばされたのだ…
 今も(2014年12月現在)連載が続いているが、魔法少女3人が未だに小さいまま。展開的に見所も多いので、完結したらまとめます。毎月の感想はツイッターの#sw情報タグで見つかる…はずデス。

・命の輝き/櫻井 エネルギー (COMIC快楽天 2014年 7月号)
 剣の腕が立つ一寸法師(女)と主人(男)。 主人は鬼から打ち出の小槌を手に入れたようなのだが、なぜか一寸法師を大きくする気は無いようで…主人は「私は小さきお前が好きだ」とか言い出した挙句、唐突に近くにいたカエルに一寸法師を丸呑みさせて「すっごい興奮する!」とか喚く。唐突に幕。全6ページ。
 縮小娘ではないけどかなり良い。というか、主人が完全にそっち系の趣味の人みたいで、とても親近感が持てます(棒読み)。欄外に「丸呑みフェチの貴方は『vore』で検索!(自己責任でお願いします)」とか書いてあるけど、これ大丈夫なんだろうか。

・丸呑みといえば、ワタシの中にいる大好きな大好きなトモダチ/まるのまれ もメロンブックスでDLしたんだった。
 作者が丸呑みにこだわっているだけあって、その辺りの描写は流石というか。こういうシチュエーションはヤンデレでシュリ百合って言うんでしょうか。 捕食者と被食者が同時に達する…というシーンは秀逸だと思いました。ちなみにsoft vore。
 ワタシの中にいる大好きな大好きなトモダチ http://www.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000170055

・このcmに小さな橋本環奈が出てた。
 NHK受信料住所変更のお知らせ2014: youtu.be/IcPvwNKGGO4

・webマンガだけど、「すいつけ!モスたん/tk」は蚊の擬人化。ちょいグロ。血を吸う蚊ってみんなメスなんだって。
 この人、同じ週刊ヤングVIPで妖精を弄くるマンガも描いてます。こちらは本格的にグロ注意。

・6月、ちっこいんちょ連載終了。トイシキ先生、お疲れ様でした。単行本3巻も発売されたので、買おう。

・宇宙ファラオ☆パトラちゃん/ユキヲ (まんがホーム 2014年 7月号)
 夏休みの自由研究で地球侵略を選択したプトレマイオス星の王女・クレオパトラは、生態研究のために地球人の姉妹を捕獲しようとする。ところが、うっかり自身がオリハルコンのペンダントに小さくされて捕らえられ…
 地球人を捕獲して研究対象としようとするも、小学生に騙されて逆に自由研究の対象となる、という展開が良い。でも、8月号で普通の大きさに戻った上、このアイテムを消失してしまう。ちぇ。

・アニメ・スティッチ!の第23話「小さな、小さなスティッチの大冒険」でスティッチとズル子が小さくなる。
 ただ、ズル子たちは小さくなってもトラブルに巻き込まれるどころか率先してトラブルを巻き起こしていく。結果的にはハムスターヴィールに捕まるけど、特にこれといって何かされたわけでもなし。ちなみに、スティッチよりもズル子が先に小さくなります。

・ピピネラ/松尾 由美
 夫と結婚して三年目。専業主婦の「私」は、あるときを境に時々1m~1m20cmほどに縮んでしまう体質へと変化してしまう。夫はそんな自分を受け入れてくれたが… その夫が失踪した。「私」は昔の友人を伴って、身体の秘密を抱えたまま夫を捜す旅へと向かう…
 100 cm前後という珍しい大きさへの縮小もの。かなり不思議な小説で、そもそも本当に小さくなっていたのかすら判然としない。なお、タイトルのピピネラはドリトル先生シリーズのカナリア・ピピネッラから。

・モドキ/ほしお さなえ
 郊外のマンションに暮らす主婦が覗いたウェブサイト。そこに掲載されていた写真の中のミニチュアの女性は、自分とそっくりの顔をしていた。これは偶然?
 …まだ購入していません。ごめんなさい。

・「ウインビーの1/8パニック」もれっきとした縮小娘なんだけど、ラストの巨大化ラッシュのほうが印象に残るんだよね…小さくなって困るのはホントに最初のシーンだけだし。

・洋ゲーで「scale」っていうサイズを変更できるデバイスを操ってゴールを目指す女性が主人公のゲームがあった。ゲーム性は「マリオ64や初期のゼルダに近い」とのこと。英語版しか無かったけど、あの後どうなったんだろ。

・小さくなった町/北原尚彦
 宇宙から降り注いだ謎の光線のため、人間を含めて街全体がミクロ化してしまった。町の住民は団結して、いまや怪獣と化した虫や小動物と戦いながらも元に戻る方法を模索する…
 表紙からして良さげ。でもまだ読んでません。見つからない…

・ミリ人間のぼうけん/馬上 義太郎、 小磯 三千代 もいまだに探してます。こちらは古い絵本。

・ちょっと時期が遅れたけど、「Dot」のアニメーションとか好き。
 Dot. The world's smallest stop-motion animation character shot on a Noki...: http://youtu.be/CD7eagLl5c4

・あなたもマンガが描ける ComicStudio 4.0 公式ガイド/平井 太朗 に1ページだけそれっぽいマンガが載ってるっぽい…けど、流石に買わないかなぁ。私、絵は描かないし。比嘉奈美恵という人のイラストらしい。

・人魚嬢ルリ/おーみや(まんがタイムジャンボ 2014年 8月号)
 扉絵が、お刺身の横でうつぶせになって頬杖をつく小さなルリ。本編とは関係なし。

・一部、それっぽく見えるPV。このほか、アイカツのゲームとかにもそれっぽく見える場面はあるみたいデス。
 PSP「アイドルマスター シャイニーフェスタ」3rd PV: http://youtu.be/LY2e-z62Oww

・そういえば、rafさんの「永遠も半ばを過ぎて」の冒頭には縮小娘要素があるんだった。本編はシュリンカー主体だけど。

・猫の怨返し/村上隆史
 飼っていたインコを食べられたと猫を虐めていた女の子が、その猫達の逆襲に合う!?妖術で小さくされ、許容量オーバーの棘巨根が容赦なく突っ込まれる…!
 DLsiteで販売中。当然R-18。子猫サイズまで縮められてネコ達に輪姦される。縮小シーンがほぼ省略されているのがちょっと残念か。やや残酷な話。
 猫の怨返し/ジーウォーク http://dlsite.jp/bowtw/BJ036263

・トムとジェリーの話題になっていたところ、こんなPVを紹介していただいた。…え゛、アラビア語!?
 Ameera - Khotot El Homr / أميرة - خطوط الحمر: http://youtu.be/XTJd0FZLuBo

・ナノセイバーも再放送しないかなあ。


とりあえずここまで。かなり断片的な情報もあるので、詳細が知りたいものがあれば、メールかツイッターでお問い合わせください。可能な限り調べます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。