スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年下半期まとめ

2016年下半期のsw情報まとめ。
#sw情報タグを使ってツイッターで発信したりしなかったりしたものに加筆。詳細について知りたいものは、質問いただければお答えします。

個人的な事情(回線とか)でネット上の情報を追い切れていない面があります。…ありますが、あんまり情報が無かったような気もします。
私個人でも古本屋を回っていろいろ探していたけどなかなか記事が書きにくいものばかりで、このブログ自体の更新頻度も低下するという悪循環に。来年はなんとかします。ええ。

情報を提供してくださった方々に感謝いたします。

(以下、折りたたみ)
<2016年6月以前>
・脱出ゲーム 大きな部屋と小さな私
朝起きたら前触れもなく体が小さくなっていた女の子。いつの間にか様変わりしていた部屋。謎のカードのメッセージに導かれ、元の大きさに戻るために誰もいない部屋を探検する。
5cm前後。スマホ/iPhone向けのオーソドックスな脱出ゲーム。拾ったアイテムを組み合わせたり謎解きをしたりしてステージをクリアしていく形式。ストーリー性の無いオープンワールドデザイン。
ほかの人間や生物は出てこないものの、身の回りのものを駆使してポットによじ登ったり大きなぬいぐるみに抱きついたりとポイントはきっちり押さえられている。自力で解こうとすると、謎解きのヒントが全くなかったり答えが納得できなかったりすることもあるけど…攻略サイトがちゃんとあるからまあいいか。ちなみに私はステージ5で詰まりました。
9月頃のアップデートで、画像がほんの少し追加されています。
Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gr.java_conf.BigRoom01


<7月>
・ドラゴンクエストⅩ
課金アイテムの「トンプレほうきプリズム」を使うと、ほうきに乗って移動できるように。フレンドと相乗りする場合は相方がマスコットサイズに小さくなってほうきの先に乗る。
特にイベントは無いみたいなので、ちょっとした小ネタデスネ。公式に紹介ページがあります。
ドラゴンクエストX「トンブレほうきプリズム」 http://hiroba.dqx.jp/sc/shop/item/01641ea20aa7570e86a9cc3834fff03ac3/
実際のプレイ動画は↓。
ドラクエ10実況183【魔法の力で小さくなる?可愛いマスコットは誰だ!?二人乗り箒にいろいろ乗せて勝手に評価!】 https://youtu.be/oGxgMQcBFpE

・GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ
主人公の女の子=プレイヤーが人形サイズに小さくなって、小人の国で新たなファッションを開拓していくお話。ストーリーはあってないようなものなので、縮小娘・人形化要素ともに薄目。「お部屋交換」とか一部のシステムでそこはかとなくsw要素が残っています。
ゲーム自体はかなりよく出来ていて、ファッションコーディネートの楽しさを十分に味わえるシロモノ。
GIRLS MODE 3 キラキラ☆コーデ オープニング映像 https://youtu.be/nASfHnR9UYo

・ジミー・ニュートロン 僕は天才発明家!
52 The Incredible Shrinking Town
ジミーはいろんな発明で周囲を驚かす天才、だけど背が低くて運動も苦手、夜は早く眠る普通の男の子。
そんなジミーは遊園地で背丈をバカにされて、縮小銃で仕返しをしようとしたけど…トラブルで街の人々をみんな小さくしちゃった!それでも街の人々はあまり動じることもなく、大きな世界に四苦八苦しながらも日常を送っていく。ジミーもなんとか元の大きさに戻る装置を開発したけど、いざ装置を起動させようとしたそのときに宇宙人が襲来してきて…?
6インチ(=15cm)前後。トイストーリーみたいなアメリカの3Dアニメ。子供向けかと思いきやストーリーが結構練られていて、テンポも良いためなかなか楽しめる。タイトルはもちろんあの名作のパロディ。
登場人物の一人に女の子がいる以外はあまり縮小娘としての要素は薄め。サイズ展開って割とワンパターンになりがちだけど、『縮小銃が人間だけを小さくするモードだった』『街の人全員が一斉に小さくなる』『宇宙人に襲撃されて住民みんながさらわれる』などのひねりが効いていて意外性がありました。
日本でも放送されているアニメだけど、このエピソードはまだ吹き替え版が無いみたい。
Jimmy Neutron The Incredible Shrinking Town https://youtu.be/qLrXDHokAdM
あらすじ。英語がネイティブっぽくて聞き取りにくいので助かる。
http://jimmyneutron.wikia.com/wiki/The_Incredible_Shrinking_Town

・Ever after High Chapter 4
Thumb-believable!
おとぎ話の主人公達―の、子供たちが通う不思議な高校。親から受け継いだ定めを拒むか、受け入れるか。二つの運命は学校に『ロイヤル』と『リベル』の派閥を生み、葛藤の中で少女たちは成長していく。
遠足が中止になったある日のこと。退屈していたレイヴンたちは不思議な宝石の力で小さくなり、親指姫の娘・ニナの案内のもとでいつもの学校を探検する。だけど一通り探検を満喫して元の大きさに戻ろうとしたとき、宝石をテーブルの上に置き忘れたことに気づく。そんな折、窓から侵入してきたネコがレイヴンたちの前に現れて…
5cm前後?ドールサイズよりも小さいような。ニナはもともと小さい姿で、人間と同じくらいに大きくなれる能力の持ち主。時間の都合上展開は早いけど、日常世界の探検や再縮小など結構いいかんじで詰め込まれています。
バービーで有名なマテル社がプロデュースする3分間の短編アニメ。Chapterはシーズンとはちょっと意味が違うようで、最新話がどれかちょっと分かりづらい。ドールやゲームと同時展開しているようで、アニメは公式サイトで無料公開されている。英語だけど。
公式サイト http://play.everafterhigh.com/en-us
日本での展開はあまり進んでいないようで、翻訳や吹き替え版などの情報がほとんど出てきません。人気でそうなんだけどなあ、これ。
Youtubeに上がっているのも公式チャンネルのもの。
Thumb-believable! | Chapter 4 | Ever After High https://youtu.be/YgnWyBoA1AM
あらすじはこちら。
http://everafterhigh.wikia.com/wiki/Thumb-believable!
・…そういえば、マテル社のアニメはバービー本編でも縮小回がありましたネ。
Barbie Episode 18 The Shrinkerator https://youtu.be/eysTWsD_vac


<8月>
・こんな同人誌があったけど、残念ながら元ネタも知らないし現在入手不可能なのだ。
ルルこき! http://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/44/56/040030445674.html

・アイカツスターズ!ミュージックビデオ 『トキメキララン☆』
アーケードゲーム・アイカツのミュージックビデオ。10cm前後。
『リトルフェアリー物語』のサブタイトルのとおり、窓から部屋に忍び込んだアイドル・ゆめが部屋の人に見つからないように大きなパンケーキを目指すというストーリー。クッションに飛び降りたりぬいぐるみが落ちてきたりと、かなりツボを押さえている。アイカツって結構こういうタイプのPVが多い印象があります。
アイカツスターズ!ミュージックビデオ『トキメキララン☆』をお届け♪ https://youtu.be/3EEmixaJCpk
・アイカツスターズ! 第13話 リトルフェアリー物語
四つ星映画祭の主人公・フェアリー役に選ばれたゆめ。いなくなったお姉ちゃんを探すため、危険がいっぱいの外の世界に出て魔王の城を目指す…というお話なのだけど、脚本がちょっと変わっていて…?
上のアニメ版。ベースの部分はそのままに大幅にシーンが加えられている。こちらは人間との絡みが多く、屋外のシーンが多め。なぜか登場人物の一人に肥満化の要素あり。
Aikatsu Stars ep13 [HD] - アイカツスターズ! 第13話 - http://www.dailymotion.com/video/x4j2l56_aikatsu-stars-ep13-hd-%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%84%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BA-%E7%AC%AC13%E8%A9%B1_shortfilms

・ふしぎの国のアリス (100年後も読まれる名作)/ルイス・キャロル 作・坪田信貴 監修・河合祥一郎 訳・okama 絵
以前紹介した(この記事)の児童書版。…もともと児童書だけど。
特筆すべきはイラストがすべてカラーになっていること。数点追加イラストもあり、アリスコレクターならそれだけで買う価値があるはず。冒頭に物語ガイドが付いているほか文庫版と比較して表現が子供向けになっており、巻末のあとがきもちょっと違う。図書室とか学級文庫向けみたい。読書感想文サポートがついていて子供が夏休みとかに読むにはぴったり。
本自体が少し大きめのA5版で文字とイラストのサイズも大きめ、アリスのサイズはそのまま。…アリスの大きさが3メートルとか7センチとか書いてあるけど、この表現って原著にあったっけ?
ふしぎの国のアリス (100年後も読まれる名作) ルイス・キャロル https://www.amazon.co.jp/dp/4048922432/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_bVWxybGEVABEA
かがみの国のアリスも似たようなアレンジがされています。読書感想文サポートがちょっと違ったりして地味に凝ってる。
かがみの国のアリス (100年後も読まれる名作) ルイス・キャロル https://www.amazon.co.jp/dp/4048922440/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_VkXxyb3CD2NQM


<9月>
・魔法つかいプリキュア!第29話 新たな魔法の物語!主役はモフデレラ!?
書館で『シンデレラ』の絵本を見つけるリコ。みらいとモフルンは魔法界にも『シンデレラ』があることをおどろきますが、魔法界ではシンデレラでなく魔法つかいが主役でした。その夜、みらいたちは同じ夢を見ます。それは『シンデレラ』の物語の中でした。(公式サイトより抜粋)
みらいとことはが夢の中で20cmくらいに小さくなり、ネズミのコスプレ(?)をして現れる。…ネズミにしては大きくない?
こちらも子供向けのドタバタ劇。変身でみらいは元の大きさに戻るけど、ことははなぜか小さいまま。小さいことがストーリーにあまり絡まなかったのが惜しい。
動画は見つかりませんでしたの。
公式サイト 第29話あらすじ http://www.toei-anim.co.jp/tv/precure/episode/summary/29/

・ルフランの地下迷宮と魔女/日本一ソフトウェア PS Vita
ダンジョン『深緑のフェーヌム』に小さくなって進むエリアがある様子。ゲーム自体は未確認ですが、ノミが同じくらいの大きさに見えるほどなのでかなり小さくなるみたい。虫の世界を冒険するところに焦点を当てている印象。通常サイズと小さくなったときとで同じ敵でも強さが全く違うゲームバランスのようだ。
ウィザードリィのような探索ダンジョンRPGで、プレイヤーは人形兵と呼ばれる作成キャラとなる。日本一ソフトウェアらしく巨大娘が出てきたりとサイズ要素は多め。
公式サイト ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団 http://nippon1.jp/consumer/refrain/

・宇宙忍者ゴームズ ミニミニ世界と悪魔博士
マーベルヒーローで、1967年に放送されたアニメの日本語版。…え、何年前?
ヒロイン・スージーを含む4人が小さくなる回。一切無駄の無い高速展開、ほぼ直訳の説明口調、あっさり手の内をばらす悪役…と、実に昔のアメコミっぽい。
スージーが買い物中に小さくなって人の足から逃げ、壁の穴に入ったらネズミがいて…という流れ。一昔前のSFとはいえ、三段階縮小はかなり珍しいのでは。
『宇宙忍者ゴームズ』 ミニミニ世界と悪魔博士 (19:27) http://nico.ms/sm17622642

・実拡張空想②マナ/ternotte
前作に引き続き、召喚能力のある女の子と小人の女の子がほのぼのいちゃいちゃするお話。小人側に主導権がある展開が面白い。
手→口→胸→…と部位ごとに描写されるのも私の好みでした。おススメデス。
実拡張空想②マナ / EXTOPIAL of MANA 2 メロンブックス DL http://www.melonbooks.com/index.php?main_page=product_info&products_id=IT0000190354
作者のノネトさんは最近活発に活動されているようで、特設サイトやPixivにもサイズ系のイラストが多くあげられています。
特設サイト http://knowneton.wixsite.com/ternotte

・カードキャプターさくら 第24話 『さくらの小さな大冒険』がBSで再放送されたのもこの月でした。もはや古典となりつつありますが、やっぱりいいものデスネ。
マンガ版ではクリアカード編がスタート。リトル(とビッグ)のカードはアニメオリジナルだけど、なにかしらの形で出てこないかなぁ。

・絶叫ライブラリー 着信は深夜に鳴る
美少女図鑑/あやあや
美麗がイケメンの太一センパイと付き合って一ヶ月。太一はいつも彼女をとっかえひっかえしているとのうわさもあるけど、美麗は全く気にしていなかった。
そんなある日、美麗は太一の妹・玲の誕生日をお祝いするため家に呼ばれる。ところが玲はまだ帰っておらず、差し出された飲物を飲んだ瞬間に美麗の意識は遠ざかっていって―気が付くと美麗は可愛い服を着せられて、『21代目 みれいちゃん』とタグ付けされたビンの中にいた。ガラスの外には巨大な玲の顔、その向こうには同じように小さくされた太一の元カノたち…そう、太一が妹に用意したプレゼントとは―
複数作家によるオムニバス形式のマンガ。一話当たりのページ数は少ないものの、どれもキラリと粒がそろっている。
タイトルの通り、極度のシスコンの先輩に縮められて妹へのプレゼントにされるお話。小さくなった後は数カ月かけて人形化が進行していくようで、数年後のエピローグとして左足が欠損して死ぬに死ねなくなった美麗が涙を流すコマで幕。
なかよし掲載ということで、実に少女マンガっぽい絵柄。無邪気でかわいい女の子に人形として扱われるという展開がステキ。私、こういうストーリー大好き。
・ウサギは語らない/みつき成流
クラスメイトに自慢するためにウサギを飼った芽亜は、ただかわいい写メを取るためだけにウサギを着せ替え人形にしていた。嫌がるウサギを身勝手にかわいがっていた芽亜だったが、あるとき目が覚めるとなぜか檻の中にいた。そして鉄格子の外には見覚えのある服を着た巨大なウサギが―
巨大ウサギは芽亜の骨が折れるのも気にせず、服を着せ替えようとしたり自分の食べ物を与えたりして芽亜を『かわいがる』。そのうちもう一匹の巨大ウサギが現れ、芽亜を摘み上げた。ウサギ同士が芽亜を取り合い、両腕を引っ張ると…
同収録。こちらは飼っていたウサギに逆に飼われてしまうというストーリー。微グロ、微リョナ。かわいがっていたウサギに弄ばれて怯える芽亜が実に良い表情デス。
このほか強制精神支配とか肉体融合とか、いろんなフェチを内包した作品が続く。少女マンガのこういうシリーズは結構当たりが多いのだ。
絶叫ライブラリー 着信は深夜に鳴る|なかよし|講談社コミックプラス http://nakayosi.kodansha.co.jp/manga/77/

・ちいさなプリンセス ソフィア 第50話 イタズラな ようせい
贈りものの日の前日、妖精たちを助けたソフィアはペンダントの力で小さくなったり元の大きさに戻ったりできるようになった。小さくなって妖精たちと遊んでいたソフィアだけど、妖精たちはお城に入ってもっと遊びたいという。ママが諌めるのも聞かずに妖精を招き入れたソフィアだったけど、次の日ベッドで目が覚めてもまだ小さいまま、しかももとに戻れなくなっていた。
それがペンダントの呪いだと気づいたソフィアは妖精たちを追い出すため、ウサギのクローバーに乗って妖精たちを追いかける。でも妖精たちはすでにイタズラをはじめていて…
7cmほど。ディズニーらしい教育アニメ。屋外で冒険をするミュージカル風の前編と、お城の中で妖精3人組(一人は女の子)を追いかける後編とに分かれる。目が覚めて元の大きさに戻れず、でこぼこしたシーツの上を走るシーンや、プレゼントの山をくぐって妖精を追いかけるシーンなどが見どころ。…贈り物の日ってサンクスギビング・デイが元でしょうか?
構成の上手さとテンポの良さはさすがディズニーといったところ。日本で妖精っていうと小さくてかわいくて怪力で竜槍スマウグ装備して大車輪かましてるイメージがあるけど、西洋の妖精伝説は本来無邪気で善悪の区別が無く、厄介者として扱われることも多い。そのあたりのバランスをうまくとって、矛盾なく低年齢向けのアニメに仕立て上げるのはすごいと思うのデス。
このタイトルは日本でもいろんなメディアで放送しているようで、ディズニーチャンネル以外にもCSやスカパーなどの各放送局で不定期放送しているみたい。日本語版が充実している代わりに、動画はすべて有料。1話200円前後の売り切りで視聴できます。こういうのは次回放送予定が分からないので、該当話のみ購入するのは良い選択かも。
イタズラな ようせい https://youtu.be/VF_M9ZIi-K0


<10月>
・怪盗ジョーカー 第38・39話 決戦!怪盗サバイバル (前後編)
シルバーハートからの挑戦状に誘われ、謎解きサバイバルを勝ち抜いてお宝【ガイアの鳥】を目指す怪盗たち。ジョーカー一行は着実に進んでいたが、神出鬼没のミニミニ王に行く手を阻まれてしまう。自分や相手、物質などあらゆるものを小さくするミニミニ王の力によって翻弄されるジョーカーたち。クイーンに踏みつぶされそうになったりトラブルに追われているうちに、やがて全員が小さくされてしまい…
コロコロコミック連載作品のアニメ化。マンガ版に元ネタがあるかどうかは未確認。
小さくなるというよりもデフォルメされたミニキャラになるというかんじの変化で、主要メンバーの一人・クイーンが女の子。ミニミニ銃の性能がかなり万能で、自分や水を小さくして有利を作るという展開は面白い。逆に後半、小さいことを逆手にとってジョーカーたちが優位に立つ流れもグッド。子供向けとはいえよくできています。
全篇サイズ展開が続くけど、前編のクイーンが仲間に気づかずに歩き回るシーンなどはカメラワークも良く、巨大娘要素もあっていいかんじ。縮小娘要素が多いのは後編のほうだけど、クイーンに特別な役割があるわけではないのは仕方ないところか。
以下は公式サイト。
第38話 決戦(けっせん)!怪盗(かいとう)サバイバル 前編(ぜんぺん)|各話あらすじ | 怪盗ジョーカー|アニメ|TOKYO MX http://s.mxtv.jp/joker/episode/?num=38
第39話 決戦(けっせん)!怪盗(かいとう)サバイバル 後編(こうへん)|各話あらすじ | 怪盗ジョーカー|アニメ|TOKYO MX http://s.mxtv.jp/joker/episode/?num=39
動画は現在有料でYoutubeなどで購入できる。
第38話 決戦(けっせん)!怪盗(かいとう)サバイバル 前編(ぜんぺん) https://youtu.be/B20Yy5ApXt8
第39話 決戦(けっせん)!怪盗(かいとう)サバイバル 後編(こうへん) https://youtu.be/4oyUa1U6r_4

・ウルトラQ(HDリマスター版)で『1/8計画』が放映されていたようデス。…ファミリー劇場はチャンネル契約していなかったので見れませんでした。

・モバマスの『ぷちっと☆スウィート ドリームチャンスガチャ』で、またもや巨大娘/縮小娘要素があったみたいデス。
http://imas-cg.net/2016/10/19/49810227.html
公式の5コママンガもあります。
http://cggekijo.blog.fc2.com/blog-entry-889.html



<11月>
・まじもじるるも-放課後の魔法中学生/渡辺 航
2年間続いた縮小展開もこの月で幕。要所要所でグッとくる描写があって最後まで楽しめました。
コミックスは現在5巻まで発売中。おそらく縮小展開は2~6巻に収録されると思われます。
まじもじるるも -放課後の魔法中学生-(5) (シリウスKC) 渡辺 航 https://www.amazon.co.jp/dp/4063906388/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_pQ3xybM4YTNCT
まじもじるるも-放課後の魔法中学生-(5) - ニコニコ静画(電子書籍) http://nico.ms/bk355345 #bk355345


<12月>
・廃校ドールズ 2/君と子音
小さな身体にも慣れ、増えた廃校の仲間やヒメリとにぎやかな日々を過ごしていたちさと。だがその身体には恐ろしい変化が忍び寄っていた。ヒメリがかけた【おまじない】の正体。それは身体を小さくすることではなく―
全2巻完結。1巻から引き続き、人形サイズになったちさとと通常サイズの女子高生2人とのやり取りが多い。後半はシリアス展開になるかと思いきや、最後まで軽いノリで突っ走った印象。
ちさとに起きた変化は『ぬいぐるみ化』。小さなまま、身体が徐々に人形のそれに変化していく。これが実に凝っていて、腕にステッチの跡が浮かび出た後で両手がテディベアのように変化、片目がボタンになり、徐々に身体の自由が利かなくなって―という流れ。縮小化から人形化の流れは結構見てきたけど、ここまで力の入ったやつははじめてかも。
人形化だけでなく、表紙・表紙裏・細かいコマに至るまでサイズ感のあるイラストがいっぱい。登場人物も多いし、もう少し続いてほしかった…
廃校ドールズ (2) (まんがタイムKRコミックス) 君と子音 https://www.amazon.co.jp/dp/4832247581/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_bj6xybZW115MG

・ワンダーランドも継続して連載中。本編の縮小展開が終わって異能力バトルになるか…と思ったとたんに巨大娘展開がありました。12/28発売の第4巻にこのエピソードも収録されているみたいデス。
ワンダーランド 3 (ビッグコミックス) 石川 優吾 https://www.amazon.co.jp/dp/4091877389/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_3ApyybCWBZHJR
ワンダーランド 4 (ビッグコミックス) 石川 優吾 https://www.amazon.co.jp/dp/4091892647/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_OBpyybR3MCJ6D


……少な目の印象があったけど、まとめると結構ありますネ。
2017年はコンパイルハートの『ガンガンピクシーズ』が発表されているし、またいろいろ出てきそうな気がしますネ。
「ガンガンピクシーズ」 http://www.compileheart.com/ggp/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。