スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふしぎなおやど

このはな綺譚 2/天乃咲哉
一寸さつき

あの世とこの世の間にある、様々なひとが行き交う宿場町。「此花亭」は、その町の高台に建つ温泉宿です。
仲居はみな、10~17歳ぐらいの少女の姿をした狐ばかり。「狐は神の遣い」ともいうため、此花亭には神さまもお泊りになります。
お客は神さまだけではなく、迷い込んでしまった人間や、人ならざる物も…

それでも仲居たちの想いはひとつ。
「正体が何でも、どなたさまでも、お客さまは神さまです。」
もちろん、いま目の前におられる、あなたも…。

(以上、公式サイトより全文抜粋)


此花亭。この格式高いお宿には、いろんな方がお泊りになられます。
宿場町に住んでいる方、はるばる遠くからいらした方、長期間逗留していらっしゃる方―人間に動物、神様、なんと呼んでいいのか分からない方まで、実に様々な方がこの温泉宿を訪れます。
柚はこのお宿で働く新人中居の子狐です。もともとは人間の尼さんに拾われて育ったため、狐同士の勝手は少し疎いところがあります。ましてやったこともない中居の経験なんて!

それでも柚は、暖かい屋敷の皆さんや、先輩中居の皐ちゃんに助けられて一生懸命にお仕事を頑張っています。
―ですがある日、その皐ちゃんが働けなくなる出来事があったのです。


秋を少し過ぎた頃のことでした。祝言が続いていた時期で、皐ちゃんも夜通し宴会の担当をなさっておいででした。
柚もねずみの親方の付き人をしていました。といっても親方はねずみの大きさではなく、柚と変わらない背丈まで大きくなっていました。身体を大きくする薬を飲んだのです。…さすがにそのままの大きさでは猫の祝言には出られませんからね。

「あとァこれで小さくなる薬を飲めば元通りって寸法ヨ」
そう言う親方と柚は、薬が置いてある待合い室に入ります。
ですが、そこにはなぜか皐ちゃんの着物が畳に広がっていて…
―いえ、着物の中になにか小さな…?

「茶菓子と間違えて小さくなる薬食べちゃったって!?ばっかだな~!!」
先輩中居の棗ちゃんが笑います。皐ちゃんはお人形さんくらいに小さくなって、私たちの前に座っています。
…本当は柚が十分に説明をしなかったのがいけなかったのです。
おまけに薬の余分がないので、しばらくはこのままだそうで…
小さくなった皐ちゃんは、蓮ちゃんに縫ってもらった洋服を着て(本当にお人形さんみたいです)なんとか体裁は整いましたが…ひとつ重大な問題が。
「でも参ったな~皐に休まれると仕事にならないのよね~」
そうなのです。中居頭の桐ちゃんがおっしゃる通り、経験豊富な皐ちゃんがいないとお宿のお仕事が回らないのです。
ですが、真面目な皐ちゃんは別の中居と組んで指示を出すと言いだしました。…確かにこの大きさなら頭や肩に乗って指示を出すことはできます。
ためしに棗ちゃんと皐ちゃんが組んでお仕事をしてみたのですが、その…堅物で細かいところのある皐ちゃんと、明るく無神経な棗ちゃんでは相性が悪かったようです。

そんなわけで、皐ちゃんは柚の肩に乗ってお仕事の指示をすることになりました。
身体の大きさは違うものの、皐ちゃんはいつも通りテキパキと指示を出しています。
「柚!ご予約のお客様だ。出迎えるぞ」
「あ…はい!」
さっそくお客様です。皐ちゃんも柚の肩の上からご挨拶をします。
…ですが柚はその方の格好を見るなり、皐ちゃんの指示を待たずにお客様に声をかけたのです。

「あの…お客様!お疲れのようですし、良ければ足湯をご用意致します!」
そう言うなり、柚はお客様を綺麗な景色が見える庭へとお連れして、手際よくおもてなしの準備を整えました。
皐ちゃんが気づかないようなことも丁寧に対応する柚。お客様もとても満足そう。
―皐ちゃんが肩の上から見たそんな柚の姿は、昔のドジで未熟な柚ではなくて―


「皐ちゃん、次のご指示は?」
「……いや。もう…指示することはないよ」

続きを読む»

女の子にはセンチメンタルな感情なんてないのよ

機巧少女は傷つかない 7 ~Facing “Genuin Legends"~/著・海冬レイジ イラスト・るろお

機巧魔術――それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。「誤解を恐れずに言えば、この夏、夜々と雷真は一線を超えました」「嘘……よね?」そんなわけで夏が終わり、〈迷宮の〉魔王グリゼルダのもとでの修行で実力を上げた雷真は、ロキやフレイとともに順当に夜会を勝ち進んでいた。だが、シャルが何者かの呪いを受け、人形サイズに小さくなってしまうという事件が起きる。一方で、学生総代にして、〈十三人〉の第三位、オルガ・サラディーンに迫られる雷真。そして、雷真とオルガの婚約が発表され――!? シンフォニック学園バトルアクション第7弾!
(以上、カバー裏あらすじより全文抜粋)


ヴァルプルギス王立機巧学院―大英帝国の機巧都市リヴァプールにある魔術界の最高学府。
そこに在籍する日本からの留学生・赤羽雷真(アカバネ・ライシン)―通称「下から二番目(セカンドラスト)」は、かつてない難題に直面していた。
学院でもトップクラスの実力を誇る才媛・シャルロットがなんの前触れもなく小さくなってしまったのだ。
原因は大昔の儀式魔術であるということ以外は一切不明。儀式魔術は呪術の類に近く、現代魔術で容易に解除することはできない。それどころか、強制的に解除しようとすると効果が永久(パーマネント)になり、二度と戻らない危険性すらある。
シャルロットは雷真が保護し、担任のキンバリーのもとで解決法を探ることとなった。普段の強気な態度はどこへやら、絶望的な境遇に怯えるシャル。彼女に恨みを抱いている人物は多すぎて、術者を絞り込むことすらできない。そもそもシャルに呪いをかけるほどの実力者なのだ、一筋縄でいくはずもない。
途方に暮れる雷真だったが―犯人は意外なほどあっさり判明した。


アリス・ラザフォード。虚像(ブロッケン)の魔法による変身能力に優れた狡猾な魔術師。そして、かつて雷真を殺しかけた少女。
学生総代オルガの姿に化けた彼女は臆面もなく自分が犯人であることを雷真に明かすと、呪いを解く条件を提示してきた。
「僕と<婚約>してほしいのさ」
「……婚約?おまえと?」
オルガに化けたアリスとの婚約。信じがたい話だった。もとより婚約者のいる雷真に受け入れられる話ではない。
―が、受け入れざるを得なかった。
もはや、アリス以外にシャルの呪いを解ける人物は存在しない。シャルの運命は彼女の掌に握られているのだ。

かくして、雷真とオルガの婚約のニュースは学院中を駆け巡ることとなった。
雷真に好意を持つ人物が次々と訪れ、罵倒し、失望し、そして去っていく。
小さな身体で不安に押しつぶされそうになるシャル、雷真のもとから姿を消した自動人形・夜々。
…それでも雷真はアリスとの約束を誰にも話すことができない。不本意ながらもアリスの思惑通り、駒として動く以上の選択肢は与えられていなかった。


キンバリーの見立てでは、呪いが完全に効果を発揮するまでせいぜい三日。
「……三日経つとどうなるんだ?」
「二度と元の姿には戻れない」
―もはや、時間が無い。

続きを読む»

2015年下半期まとめ (ツイッター抜粋+α)

ツイッターで呟いていた、2015年下半期のsw情報のまとめ。
…なのだけど、私事ながら妙に忙しい日々が続いていたため今回は量が少なめ。
自力で情報を集めることをほとんどしなかったため、見落としが多くあると思われます。大変申し訳ない…
一応、直近の情報についてはツイッターの"#sw情報"タグを使って報告しているのでこちらもどうぞ。
詳細について知りたいものがあれば、コメント欄なりツイッターなりで質問いただければお答えします。

毎度のことながら、情報を提供してくださった方々に感謝いたします。

(以下、折りたたみ)

続きを読む»

切り取られた世界

1/12の冒険/著・マリアン=マローン 訳・橋本 恵 イラスト・佐竹 美保

アメリカのシカゴ美術館には、子供にも大人にも大人気の展示がある。実物の12分の1の大きさで作られた、68部屋のソーン・ミニチュアルームだ。
細部まで完璧に再現された豪華なミニチュアルームにあこがれるルーシーとジャックは、その中へ入っていける魔法の鍵を手に入れ、思いがけない冒険をすることに……。

(以上、カバー裏あらすじより全文抜粋)


ルーシーには自分だけの部屋が無い。ひとりきりで考えごとができる空間が無い。
原因は姉のクレアだ。ルーシーとクレアが一緒に使っている部屋は、クレアの大学進学のための資料やらスポーツ用品やら服やら、ありとあらゆるもので埋め尽くされている。ほとんどクレアの空間って言ってもいいくらい。
―断っておくけど、クレアはやさしい。ルーシーの知っているどんなお姉さんよりも意地悪じゃない。だけど、こうも自分だけの空間が無いのはルーシーにとって苦痛だった。クレアが大学に進学して家を出るまで、ルーシーだけの部屋がもらえるまで…あと2年近くもある。

だからかもしれない。ルーシーがソーン・ミニチュアルームに夢中になったのは。

その日、ルーシーは社会科見学の一環としてシカゴ美術館に来ていた。ルーシーの大親友のジャック、その母親のリディアが見学ツアーの案内人だ。リディアは画家で、芸術家や美術館には顔が効くのだ。
ジャックはルーシーと正反対の性格だった。とにかく自由で発想力があって、でも頭はとびきり良い。ルーシーが通う小学校6年生のクラスで、奨学金をもらっているのはルーシーとジャックだけだ。…でも、リディアは最近仕事が少ないせいか、ジャックも少しずつ貧乏な生活を強いられているみたい。教師の両親のおかげで経済的には問題無いけど自由が少ないルーシーと、母親の仕事は安定してないけどなにもかも自由なジャック。二人の性格は互いを補うように、相性ぴったりだった。
思ったより楽しい社会科見学が終わりごほうびとして自由時間が与えられると、みんなソーン・ミニチュアルームへとまっしぐらだ。ルーシーは初めてこの不思議な空間に足を踏み入れて―魔法にかかった。
目の前に広がるその小さな空間に、ルーシーは完全に心を奪われていた。せいぜい靴箱2つか3つ分くらいの小さな部屋。だけどそこには、ルーシーがずっと夢見ていた素敵な68の部屋がきらびやかな光を放っていた。あまりにも精巧なミニチュア、品のいい調度品、窓の向こうに描かれた風景―どれもかつて人が住んでいた部屋を模して作られたものだ。

E-17、16世紀後期のフランスのベッドルームを見つめながら、ルーシーはうっとりしていた。あの背の高い天蓋付きのベッドは、どんな女の子が寝ていたの?どんな寝心地なんだろう?いま、この瞬間をひとりきりで味わいたい。ああ、この中のどこかの部屋に住めたらいいのに――!


だけど社会科見学の後、ジャックがルーシーにある不思議なものを見せてくれた。'C'と'M'の飾り文字が彫刻された金属の鍵―ジャックが美術館裏側の通路でこっそり拾ったものだ!この鍵がなんなのか、全く見当もつかない。でも貴重品だとしたら…もう一度美術館に行かなくちゃ!

翌日、ふたたび美術館に来たルーシーとジャックは、あのミニチュアルームに来ていた。ジャックが言うには、鍵を拾った展示裏側の廊下に秘密がある、ということだ。そんなの根拠もなにもないのだけど、偶然にも裏手に通じるドアには鍵がかかっていなかった。ルーシーは好奇心に負け、周りの人の目を盗んで裏の廊下に潜入することにした。
…裏側にはなにもなかった。ミニチュアルームをメンテナンスするためなのか、裏側には表から見えないような位置に穴が開いていたり、箱に入ったミニチュアルームをつなぐ下枠があって…それだけ。
「鍵がはまりそうなところ、あったか?」
「もう一度、鍵を見せて」
ジャックがルーシーに鍵を渡した。ルーシーが鍵を触るのはこれが初めてだったけど―そのとき、なにかが起こった。
そよ風が吹いているかのように髪がなびく。靴が、服が少しずつ大きくなっていくような感覚があって―あわてて鍵を手放した。すぐに不思議な感覚は収まって、ジャックの目線はルーシーと同じ位置にある。…さっきはもっと上に見えていた!

この鍵にはなにかがある。ジャックが触れてもなにも起きないけど、ルーシーが触れたときにはなにかが―『魔法』が生まれている!ルーシーはちょっとだけ躊躇したあとで、今度はしっかりと鍵を握りしめた。
そよ風の感覚。ジャックが大きくなって、部屋がのびていく。服がぶかぶかになって、すぐにシュッと身体にフィットする。そんなことが何回か繰り返されて―変化が止まった。

ルーシーの身体は、13 cmに縮んでいた。元の身長の1/12―ミニチュアルームにぴったりの大きさに!

もうルーシーの好奇心は止まらなかった。こんなに心臓がドキドキしたことはない。
鍵を離せば元の大きさに戻れることを知ったルーシーはもう一度小さくなって、トランポリンみたいなジャックの手のひらに乗せてもらい、ついに裏側からミニチュアルームに入り込むことに成功した。昨日見たあの素敵なフランスの部屋―E17の部屋に!見物客の視線を盗んで入ったそこは―幻想の世界だった。
まるでおとぎ話に出てくるような素敵な部屋は、いまのルーシーの大きさにぴったりの大きさ!暖炉や彫刻、針編み刺繍まですべて当時のフランスのもの。なかでも目を引いたのは、昨日見た巨大な―13 cmの少女にとっては巨大な―天蓋付きのベッド!ダメ、もう、がまんできない!シルクのカバーに指を滑らせて、靴の汚れがつかないように足を上げ枕に頭を乗せる。うっとりするくらいにふかふか―。
「ママ、ママ、来て!見て!ちっちゃな人がいる!」
ガラスの向こうで声がした。見ると、6歳くらいの女の子がこっちを指さしている。ルーシーはその子が顔をそむけている隙にこっそり抜け出して…もとの通路に戻ってきた。

あともう一部屋だけ見てその日は帰ってきた。だけど、ルーシーもジャックもこの鍵の不思議な力がなんなのか、知りたくてしょうがなかった。だからもう一度、きちんと計画を立てて美術館に忍び込むことを決めたんだ。決行はルーシーの両親が出掛けて、クレアもいない日。
その土曜日の夜、ジャックの知恵でいろんな人に嘘をついて、裏の廊下に通じるドアの合鍵まで作って、二人はまたあの美術館の裏側に来ていた。

そこでまず分かったのは、ルーシーが縮むときにはルーシーの触れているものも一緒に小さくなるということ。服も、靴も、小物も。手を繋いでいれば、ジャックだって小さくなれる。戻るときも同じで、鍵を手放した時にジャックと手を繋いでいれば一緒に大きくなるし、もちろんルーシーだけ大きくなることもできる。そしてその魔法が効く範囲は、この美術館のあるエリアだけ―


二人は1/12のミニチュア世界を冒険するにつれ、いろんな不思議に出会う。小さくても演奏できる楽器や細部まで正確な模型など、あまりにも【精巧に作られ過ぎた】ミニチュアの謎。ミニチュアルームに本来あるはずのない、現代のものと思われる小さな鉛筆。ミニチュアルームの外に広がっていた当時の世界、そこで生活している人々―ルーシーとジャックは時空を超えていろんな時代の人と出会い、干渉していく。

ソーン・ミニチュアルームと鍵に秘められた『魔法』の正体を探し求め、夜の美術館で小さな冒険が繰り広げられる―!

続きを読む»

メタモルフォーゼ

昆虫のふしぎ (講談社の動く学習漫画 MOVE COMICS)/漫画 安斉俊 監修 伊藤弥寿彦


ある日のことです。昆虫が大好きなセセリくんと、チョウの仲間が大好きなタテハちゃんは、昆虫博士のハンシ博士の研究所「MOVE 昆虫館」に呼ばれました。でも建物に入ってみていきなりびっくり!二人を出迎えたのは巨大なハチ…の模型。
なんとここは、巨大模型で昆虫たちの世界を体感できる場所だったのです。
ハンシ博士が二人を呼んだのは、ある発明品を披露するためでした。その名も、昆虫探索用トレッキングシューズ『アンツ』。二人の足にぴったりはまるその靴は、どう見ても子供用です。靴を履いた二人は、そのまま外に連れ出されました。

「横のスイッチをおしてごらん」
二人がハンシ博士の言う通り、靴の横にある逆三角形のスイッチを押すと―突然あたりがまぶしく光りました!
「びっくりしたぁ」「すげぇまぶしかった」
あまりのまぶしさに目をこする二人の周りに、ぞろぞろとなにかが集まってきました。そのうちの一匹が、セセリくんの肩をとんとん、と叩きました。振り返ると…巨大なアリがいっぱいいます。
「博士のつくった模型?」
でもその造形といい、動きといい、とても模型とは思えません。これは―
「セセリくん、これ模型じゃないわ!本物のアリよ!」
そうです。いつの間にか二人はアリの大群に囲まれていたのです!いったいどうなってるの?


「いた、いた!小さくて見つけられなかったよ」
上のほうから声がしました。近づいてきた巨大な手のひらに、アリたちは慌てて逃げ出します。
「どうだい、ほんものの昆虫世界は?」
大きな手で二人をすくいあげたのは、とても大きなハンシ博士でした。
「くつの力でクロオオアリとおなじサイズまでちぢんだんだよ」
クロオオアリ―さっき二人を取り囲んでいたアリです。その大きさは7~12 mm…つまり、二人は靴の力で1 cm程度まで小さくなってしまったようです。

「これからさきは、きみたち自身の足で本物の昆虫世界を冒険するんだ!」
そうです。この靴は、二人が自然の中で本物の昆虫を観察するために作られたものだったのです!
二人はゲンゴロウ型ロボット・キビスケに乗り込んで、昆虫の世界へと旅立ちます!!

続きを読む»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。